2020年05月27日

リモートワーク期間終了。一回もリモートワークしてないけど。

緊急事態宣言が解除されたそうで。

ホワイト企業たるボクの勤務先は、新年度早々リモートワークを導入したんだけど・・ボクは休めない。
zaitaku_telework_man.png
訴訟や取引は止まらないから(途中で訴訟は期日延期が続発したけど)、対応はしなきゃいけないし。
在宅で勤務してる人達のために、弁護士やら契約相手やらと連絡しつつ、部下に仕事を振り、資料送ったり受けたり、電子化したり、決裁取ったり・・・。

何か前にも書いた気がするけど、ホワイト企業のホワイトさを維持するためには、その環境整備をする人が必要で、それをやる人自身は結構ツラい目にあってたりするのだ。

結局、社員の大半が家で仕事してる2か月程の間、ボク自身はリモートワークはおろか有休休暇も取れなきゃ休日出勤まであるという・・まぁ休日出勤中に社内でオナニーしたがな!例によって。

ボクにとっては中々キツい二か月程だったよ・・・雑用まで自分でやらなきゃいけないしね。

世間的には、在宅勤務で通勤のバカバカしさやハンコ・書面決裁主義への疑念とか、いろんな不合理への疑念が明らかになったみたいだけど、ボクはボクで、人気の少ないオフィスに毎日出勤して気づいたことがある。

それは、雑用が雑用を生む。
仕事が仕事を生むってこと。

リモートワークでみんなが家で仕事する間、ボクはオフィス側の世話をしなきゃいけなくて、通常の仕事に加えて追加業務が増えてるはずなんだけど・・・意外なことに回らないって程でもなかったんだ。

自分のやってる仕事を振り返ってみると・・何かやってると誰かが来て、クソくだらないこと聞いてくるってパターンが全然なくなってるんだよね。

だから、2~3時間くらいなら連続して、集中して調べ物やデータ分析、資料解析なんかに使える。
これは今までほとんど経験のなかったことだ。
会社にいて、邪魔の入らないまとまった時間・・これがこんなにも貴重で、ありがたいものだったなんてね。
やることが増えて、不慣れなリスク対応もいろいろしなきゃいけないけど、それも自分で優先度も時間配分も決められるってのはなかなか良いものだね。

リモートワークできなかったのは残念だったけど、それはそれで楽しかったような気もするな。

・・あぁ、発想が社畜っぽい。




posted by かのぴ~ at 00:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください