2020年05月16日

入試改革

新大学入試制度がグダグダになったと思ったら、今度は9月新年度開始とか言われだしたみたいね。
受験生、学生、生徒児童の面々は振り回されて大変だねぇ。(ザマァ)
skn.JPG

まぁ資格マニア的にも、試験延期や中止が続発して迷惑してるんだけど。


一つの救済方法があると思うんだ。

世の中にとっても良く流通してる理屈だから、きっとみんな受け入れられると思う。
それは学力による試験を一切止めてしまうこと。
入学試験も、資格試験も、合否判定するようなものは試験何てしなきゃ良いんだよ。

試験しても、偶然合格するケース(いわばバカ検査偽陰性)もあるし、逆に、何かの手違いで不合格になるケース(いわばバカの検査偽陽性)もあるよね。
本人要因かもしれないし、テストの設問問題もあるし、採点ミスもあるしね。

聞けば、試験が実力を正しく判断し、合格すべき人を合格と判定できる可能性は高くても(積み重ねた試験がA判定の人でも)80%とか言うじゃないか。学力試験なんてその程度の信頼性なんだよね。

間違ってバカが合格しちゃったら、そいつは安心して街に繰り出して遊んでバカが重篤化するし、一緒に遊ぶヤツも出てるから影響されてバカが増える。

逆に、間違って不合格になったら、本来必要のない予備校での学習、自宅学習、再受験が必要で、本当に学習が必要なバカの教育機会を奪い、教育崩壊を起こしかねないよね。
入試だ資格試験だって言ってるやつはそうなったら責任とれるのかね。

それに、そもそも試験関係なく結論は「勉強しろ」なんだから試験意味ないよね。

試験合格→勉強してね
試験不合格→勉強してね
間違って合格→勉強してね
間違って不合格→勉強してね


教育現場は重篤なバカを出さないように頑張ってるにに、意味もないのに試験試験って、素人ができもしないことを口にして無責任だよ。

試験できる人間を増やせばいいって?
試験作るのも簡単にできると思ってるところが素人だよね。

試験を適切に実力を測るようにするには専門性が必要だし、採点だってきちんと適正にやらなければ、間違った合格、不合格が出ちゃう。

それができる人がどこから湧いてくるっていうんだろうね。大学教員や資格試験の試験委員は研究者や行政官であって、教育や試験の専門家じゃないからね。


だいたい、試験試験っていうけどさ、日本人全員を試験するなんてどこを会場にするって言うんだよ?
ちょっと学力が不安なんです・・っていうだけで試験してたら、試験やってるだけで、本来必要な勉強の時間も無くなるだろう。

それに試験なんかしちゃったら、不合格になるバカが大量に発生するぞ。
そうしたらどうなる?
間違いで不合格だった実は頭良いヤツも、中程度のバカも、重度のバカもみんな学校や予備校に行くことになるぜ?

そうしたら教育崩壊だ。試験やれって言ってるやつは、そうなったとき責任取れるのかね?何処にそんな教育リソースがあるのかね。

海外では試験やってるって?
海外では試験試験って選別したから教育が崩壊したんだよ。
海外の教育崩壊の二の舞はイヤだろう?


どよ?


にほんブログ村 その他日記ブログ 社会不適合者日記へ
にほんブログ村
posted by かのぴ~ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください