2020年03月01日

買占め 記事への補足 買占めは自己責任社会の当然の結果

先の、「買占め」って記事について、ちょっと補足。

ボクが「買占め」の記事で言いたかったのはデマに騙されてることへの反発ではないです。

仮に(*あくまでも「仮に」。ここ重要。)紙製品の供給に支障が出た/出そうという情報が根拠のあるものだったとしても、言いたいことは変わらないの。
日頃、「自分たち(「日本人」のくくりだったり「都会人」や「大人」、「高学歴」・・と様々だ)はモラルがある、震災の時でも大人しく列を作った、なんてのが欺瞞だって言いたいの。

み~んな、他により必要な人がいても、家にストックがあろうと、利己的になるから一気に店頭在庫が払底するんだよ。
その行動の根源がデマであろうと事実であろうと、そこは変わらない。
「民度」なんてボクはよくわからんけど、庶民にみられるおおよそのモラル、という意味だとすると、全然高くないよね、「民度」。

モラルの高い人たちが、何か生活必需品が足りなくなるかも、となったらどう考えるか。
節約しよう、必要とする人のために、店に殺到するようなことはやめよう、ってなるんじゃないの?
見ず知らずの、けど社会のどこかに必ず居ることが容易に想像できる困窮した人に影響が及ばないよう配慮する、それがモラルじゃないだろうか。

もちろんそれは経済合理性や生存戦略の観点からしたら、不合理かもしれない。それならそれで良いんだよ。
それが無策な政府を甘やかして自己責任自己責任と自分の(自分のことだということに無自覚に)首を絞め続けた結果がコレってだけの話だ。

恥ずかしいとか情けないとか言われようと、困るのは自分で、自己責任の名の下誰も助けてくれないことが分かってるからみんなこういう行動に出るわけだ。

なら認めろよ。
私たちは、打算的で、利己的で、経済合理性しか頭にない社会を作り上げたって。
民度とか言ってんじゃねぇよ。
頼まれた?仕方なく?デマだと思うけど? 言い訳してんじゃねぇよ。


震災の時に、行儀よく行列に並ぶのだって、ボクは「民度が高い」ことの表れだと思わない。
避難所で継続的な人間関係がある、多数の目がある中で利己的な行動をとったら、自分の行動が特定され不利益を被るからやらないだけだ。

それが証拠に、犯人が特定できない夜闇に乗じて避難所では性被害が多発したんだってな。
はなはだしきはモラル(平穏を乱さない、協力する、みんな困ってる・・)を使って口止めすることさえあるっていう。

それからこれは個人的に得た情報なんだけど、災害時、会社から従業員への支援(さすがホワイト企業で、そういう物資のストックが会社にあるのだ)をやっていると必ず問題になるのが「妬み」と窃盗なんだよ。
避難所に持って行って、会社から物資を渡したのを他の避難者に見られると、妬みやら略奪が起きるから、わざわざ避難所から遠いところで待ち合わせてモノを渡したりする。

ボクのいる会社は災害対応マニュアルなんかで、そうした経験が生かされ、いかに避難所に入った従業員に秘密裏に、しかし確実に支援するか、といったノウハウが書かれている。これ作ったりメンテするのは実に虚しいよ。


分かってもらえるだろうか?

ボクが憎悪するのは店に詰め掛けてトイレットペーパーやら紙おむつやらを買いあさる人たちじゃないの。
それをなかったことのように見ないふりして、あるいはそれを自分とは別の括りに押し込めて(あいつらは日本人じゃない、あいつらはイナカモノだから、あいつらは・・)日本の「民度」を誇るクズたちを黙らせたいの。

だって、ボクたち氷河期世代は、社会に迷惑をかけない、税金払う、社会貢献する・・・なーんてモラルを武器に切り刻まれてるんだぜ?
嘘つけよ。

俺たちも、お前らも、みんなモラルなんてありはしないんだよ。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村
posted by かのぴ~ at 02:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください