2020年02月24日

ネットにボクは実在するか

ニートや人生破綻者のブログでボクが最も感情を揺さぶられたのは、「昭和42年生まれ元司法浪人無職童貞職歴無しの赤裸々ブログ」というもの。
20130703_317698.jpg

この、元司法浪人の方のブログは、もう6年も更新されていない。
生きていれば彼は今年53歳だ。

ブログの最後の方は、それはもう悲痛。

司法試験(予備試験ルートだと思うけど)はとっくに諦め、ひたすら悶々として過ごし、何か精神か身体を害したのだろう、原付免許の試験さえ落ちまくっていた。
なお、彼は択一に通っている。彼が実は頭が悪く、自分の能力に妄想を抱いていたといったことではない。もちろん、択一に通ったということ自体がウソの可能性もあるけど、彼の文才からもその基礎能力の高さは伺えるしね。

ボクは元司法浪人さんのことを考えるたびに、恐怖、同情、共感、軽蔑、尊敬・・いろんな感情が湧き出てきて、冷静でいられない。
彼の姿は、ほんの少し間違えた自分の姿だから。

ブログの最後の方では、ハローワークに通ったりネットカフェからブログ投稿したりしているといった記述が見られるようになる。
彼の”立ち直り”はあまりに遅く、ささやかで、始まったばかりで、すぐに終わりそうでもあり、本当に救われない。

いつか彼がひょっこりブログで近況を書くんじゃないか。ボクはそんな期待をしてもう何年も彼のブログを見に行っている。

救われて欲しい。しかしどうしたら彼が幸福になれるのか皆目見当もつかない。
それは良く言えばあるいは自分自身が同じ軌跡をたどったであろう彼への期待。悪く言えば興味本位の野次馬根性。


そんななかで見つけたのが、エリトさんの「逃げこもり」だった。
状況こそ元司法浪人さんに似てるんだけど、元司法浪人の人のような悲痛さはあまりなく、どこか妙に軽い。

彼は、元司法浪人さんほどの歳ではなく、おそらくボクと同じか少し上くらい。氷河期世代ど真ん中。

彼は(元司法浪人さんと違って)自分の状況を理解していないわけではないし、マズいと思っているようではあるんだけど、相変わらずニートをしているようだ。
二次元を語り、バブルをうらやみ、世の中に悪態をつく。


ボクは彼に元司法浪人さんの救われた姿を見た。
そして、元司法浪人さんに共感して恐怖するボク自身の救われ方も見た気がする。
要するに、考えすぎてもしょうもないのでテキトーに死ぬまで愚痴りながら生きよう、ということなんだけど。

どうやっても幸福になれないのなら、無理に幸福になろうとしなければいいだけなんだな。
ムカついたら怒れば良いし、何もする気が起きないならボケっとすれば良い。



さて、そんなわけでボクは元司法浪人さん、エリトさんのブログを見ているわけだけど・・・そんなボクは実在するのでしょうか?

ボク自身が元司法浪人さんの可能性は?
ボク自身がエリトさんの可能性は?

そうでないにしても、そもそもこのブログでこの一年書き連ねてきた、ボクの生い立ち、家族、両親の話が全て嘘だったら。
それを確かめる術はないよね。確かめさせる必要もないんだけど。

ボクは身元が明らかにならないように、特定できないように情報の出し方には気を付けている。
ボクに関する情報が少しでも事実と違ったら、このブログにおけるボクは存在しないことになるだろうか?


・・と考えたら、ボクは架空の存在で、実在しないかもしれないね。
いや、しかしリアルな人間関係でも、自分に関して一切嘘のない人、あるいは自分に関する一切の情報を開示している人っていないよね。
そうすると、リアルな人間関係でも、実在しない人ってのはいるのかもしれないね。

そもそも実在するってどういうことだろうか。


にほんブログ村 その他日記ブログ 社会不適合者日記へ
にほんブログ村
posted by かのぴ~ at 13:44| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
元司法浪人さんはかなり自分と重なる部分があって、親近感を覚えたのと同時にブログ記事が被ってパクリ扱いされないように気をつけてましたねえ。
それが理由で途中からは軽いネタ記事に走る様になったのかも知れないです。
本当は鬱々とした重苦しい話もあるんですが、そういうのは(元司法浪人さんと被るので)避けるクセがつきましたね。

ブログでは、総てとは言わなくても本当の自分から少しズラした人間になって振舞う気楽さ・自由さを楽しんで書いてます。
そういう意味ではボクのブログは架空の創作と言えますね。ホントが7割から8割で、調味料代わりのウソが2割から3割ぐらいを意識して書いてます。

ボクは、かのさんが元司法浪人さんで例のブログを再開してくれたら面白そうだなあと思ってます。笑
今頃どこでどうしてるのかなあ、元司法浪人さん・・・

PS…サッポロ1番しょうゆ味、すでに今日の晩で3つ目頂きました。今夜はタマゴをとじて食べたんですが、しょうゆ味と合ってて美味しかったです!

Posted by エリト at 2020年02月24日 23:12
私も司法浪人さんのブログは読んでましたよ。
ルサンチマンを抱えながら生きてるところが共感持てましたね。
性欲に関しても似たところがあるというか・・・w
私はブログは、どうせ誰も知り合いは見てないだろうと思い、好き勝手に書いてます。
自分の愚痴を吐き出す場所と思ってます。
けれどかのぴ~さんの言うように、一切の情報を開示しているわけではありません。
「絶対に書けないこと」もあります。
いつかそういうことも大っぴらに書ける世の中が来てほしいですが・・・。
Posted by 孤毒男 at 2020年02月25日 08:25
僕も、司法浪人さんのブログは読んでました。もしかしたらひょっこり更新されているかもと、今でもたまに見てしまいます。
似た者同士が揃いますね。きっと感性が近いんでしょうね。

某国家資格受験生の自分にとっては、あれは将来の自分なのか、パラレルワールドの自分なのか、ただの反面教師なのか?

そもそも僕は本当に受験生なのか、もう諦めていて名ばかり受験生なんじゃないのか、逆に実はもう合格しているのか、と見せかけてやっぱり本当に受験生なのか?


ネットで多少フェイクを混ぜるのは僕もいっしょです。
僕はコメントするだけの人でブロガーじゃないから、フェイク混ぜる必要性はないんだけど、せっかくだから、リアルの自分とはちょっとだけ違う設定の自分を演じたいんでしょうね。僕の場合はそうです。
Posted by スノーマン at 2020年02月26日 21:28
皆さんコメントありがとうございます。

コロナがどうとかで少々忙しく、返信コメントが遅れました。申し訳ないです。

元司法浪人さんのブログはやっぱり皆さん気になるんですね。
彼の復活に期待したいところですが・・・さすがに難しいでしょうね。
彼の現在がわずかでも幸福を見つけられていることを祈るばかりです。
Posted by かのぴ~ at 2020年02月26日 23:40
コメントを書く
コチラをクリックしてください