2019年12月27日

サラリーマンを辞めさせる仕事をするサラリーマン

ボクの仕事の中には、人を辞めさせる仕事というものがある。

別に嫌がらせして退職に追い込むとかそういうことではない。
別の記事でも書いているように、ボクの勤務先は、かなりホワイト企業。解雇権濫用なんてまず起きない。

整理解雇どころか、いわゆる普通解雇(能力の欠如)も創業以来やったことないんじゃないかと思う。
だから、この会社で辞めさせる仕事といえば、もっぱら懲戒解雇だ。あとは、諭旨解雇のケースもあるか。


ボクはこの種の仕事が実に苦手で苦痛だ。

ちょっとでも事実関係の把握を誤ると、万一(解雇無効が争われた)の場合大変なことになりかねない。場合によっては法廷で証言しなければいけないこともあるし。

いや、そうでないにしても人の人生に大きな影響を与えるわけで、わずかな間違いでも決して侮ってはいけない。

弁明の機会の付与、情状酌量の余地の検討、組合対応、他の従業員への情報管理、決裁、横領等の場合は物品や金銭の返還・・・正確性と迅速さを要求されつつも、情報コントロールもしつつ動く・・これが本当にしんどい。

そして腹が立ってくる。

なんで不祥事起こしたヤツのために、そこまでしなきゃいけないのか。

失敗したら大惨事。絶対に許されない。
成功して当たり前。でもその成果は問題社員が一人、会社から居なくなるだけのコト。

誰かがやらなきゃいけないことなんだろうけど、自分にそういうのが回ってくるとやっぱり辛いよ。
そんなわけでちょっと鬱に入ってきましたが・・・問題起こす社員もまた、鬱だったりするんだよなぁ。

病んでるヤツが問題起こし、それを処理するヤツが感染したかのように鬱になり・・そんな連鎖の処理で給料をもらう。虚しい。
ボクの仕事はそれだけじゃないし、むしろそういう仕事は少数なんだけど、ちょっと最近そういう類の仕事が増えてね。


にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村
posted by かのぴ~ at 00:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください