2020年03月13日

新型コロナの対応をしていたらなぜか業務効率化担当をさせられそうでござる という話

新型コロナは一つのきっかけになるかもね。

もうだれか言ってるかもしれないけど、在宅勤務とか時差出勤(ボクの勤務先では元々フレックスなんだけど)とか、会議の削減、接待・・・やらなくてもそんなに困らないって気が付くいい機会だよ。


ボクはいま、事業継続計画ってことで、万一製品が製造停止になったら~とか、万一物流が止まったら~とか、万一メンテ・修理エンジニアが全員感染で停止したら・・とか考えてるんだけど、そこからいろんな業務のムダとか、元々今時点の業務のやり方が非効率なんじゃないか、なんて話がぽろぽろ出てくる。


災害時かどうかに関係なく、最初からそんな無理のある業務やってるからキツいんじゃないの?
と思うことが度々。

割とホワイト企業なボクの勤務先でさえそうなんだから、世の一般的な会社、ましてやブラック企業たるや、酷いんだろうな。


それとも、ブラック企業は徹底的に業務を効率化して、効率化した状態を前提にして、更に人の判断や作業を必要とする僅かな業務を詰め込んで業績を上げようとしているのだろうか?

いや、そんなわけないな。
大手ホワイト企業並みの効率を実現しつつ、社員がその基盤の上で死ぬほど働いたら、それこそ一気に大企業化するだろう。キーエンスとか日本電産とかそのパターンか。


ともあれ、危機対応をやっている成り行きで、部門の業務効率問題が多々出てきてしまい、通常時業務の修正提案にまで及び・・・これ、総務とか人事の仕事超えてるよね、明らかに。


う~ん疲れた。
疲れたよ・・眠いよ・・もう休みたいよ・・・・

とか考えながら、社内掲示板に、「少しでも症状の兆候がある方は、躊躇わず会社を休んでください!」なんて書いていると、なんか馬鹿らしい気分になって来るな。
01_01.jpg


にほんブログ村 その他日記ブログ 社会不適合者日記へ
にほんブログ村
posted by かのぴ~ at 21:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする