2019年12月11日

外食

ボクは食べ放題や大盛りの店が好きだった。
初めて食べ放題の店に行ったのは、大学生の頃だったろうか。焼き肉店だったな。

それまで、焼肉なんて行ったことなかったんだよ、ボクは。
家で焼肉って言ったらまず豚肉で、焼き肉のタレを予めかけてプライパンで焼いたもの。それも焼き過ぎて硬くなってる。

そんなだったから、炭火で柔らかく焼いてタレをつけて食べる牛肉の焼肉ってのはものすごいごちそうで、嬉しかった。それからというもの、ボクは大食い、食べ放題が大好きになった。

就職して、お金を稼ぐようになってからは特にいろんなものを食べに行った。

そこで気になったのは、同僚や先輩たちの考え方。脂っぽいものも、甘いもの、辛い物なんでも、たくさん食べたいというボクの発想は彼らからは子どもじみていたようだ。
「何か食べに行く」と言った時、周囲が意図するのは、特徴のあるもの、質の高いもの(専門)、高級感のあるもの。つまり、特定の地域や国の料理だったり、特定の食材(特定山地の肉や魚)、チェーン店ではない、相応の評価のある店。

だからボクに選択をさせると、大抵は外れるわけだ。そしてボクは飲み会なんかのアレンジを任されることが無くなっていった。

周囲との溝は明らかだったんだけど、当初ボクは「育ちが違うんだな」くらいに思ってたよ。けど、最近になってまた少し見方が変わってきた。

歳食って、あんまり食欲が無くなって来る。歯が悪くなってきて、あまり熱い揚げ物やなべ物をたくさん食べるのを避けるようになる。味覚、嗅覚が衰えて味を感じにくくなる。
そうすると、脂っぽさや塩分に魅力を感じなくなってきて、食べるものを厳選しようとする傾向になって来るんだ、だんだん。

チェーン店よりは、独自のものを出す店で違いの明確なものを食べたい。沢山は食べられないから、おいしいものを少し食べたい。脂っこかったり、味の濃いものよりも、繊細なものが良い。

あの時感じた溝の向こう側の人たちの感性そのまんま。そうか、ボクが感じていた溝は、イナカモノとか育ちが悪いとかそういう問題じゃなくて、若者と年寄りの違いだったんだな。


でも、結局分からないことが一つ。

溝の向こうに居た同年代のみんなより、ボクは年を取るのが遅かったのだろうか。
それとも、上司や先輩方に合わせようと、違う好みを演じているうちに、そういった思考が内面化されていったのだろうか。


さて、賞与も支給されたし、歳とったボクは分相応なメシを食べに行こうか。独りだけど。
ということで、ステーキ。IMG20191210212630.jpg

え?「美味しいものを少し」じゃないって?
いやいや、たった300gだよこれ。衰えたと思うよ。

食べ物の楽しみを得られるのもいつまでかねぇ・・・あ、またエリトさんとこにお歳暮送るかね。
ニート(?)やってるらしい、多分ボクと同い年くらいの方で、「乞食リスト」と称してAmazonギフトの欲しいものリストを公開していて、贈れるようになっているんだけど・・欲しものがインスタント食品ばっかしw
いや、"乞食"するならもっと良いモノ並べろよwww カニとかメロンとかさw

まぁマルタイのラーメンとか美味いけどさ。


・・・そうか、ボクが溝の向こう側、と思ってた同僚たちも、こういう気分だったのかな。
どうせ食べに行くんだから、おいしいもの一緒に食べようぜ、って。

善意に見過ぎかな?

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村
posted by かのぴ~ at 00:00| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月09日

独身中年は平日の昼間何をすれば良いか

有休
IMG20191209154615.jpg

年5日の有給休暇取得が義務になって、年初からさんざん言われてるのに年末近くなってもまだ取り切っていないボクは、上司に叱られつつ有休消化。

「もっと計画的に業務を~」
「もっと部下に仕事を任せて~」
「コンプライアンス部門としての模範的な~」

・・・はいはい、サーセンww

月曜の朝、目が覚めると・・寒い。
いつもなら我慢して起きなきゃならないんだけど、その我慢が要らない。なんという幸せなコトか!! ・・・と思うのはその瞬間だけ。なぜなら、すぐに二度寝で意識を失うから。

で、目が覚めると12時近く。半日無駄に過ごしたという焦燥感のような罪悪感のような。

平日会社にいたら12時なんて、「まだまだ先は長い」って時間なのに、休日目が覚めた時の12時は「もう終わってしまった」時間になる。こういう発想が、多分ボクが幸福感を得られない根本なんじゃないかな。

で、やることのないボクは、散髪しなきゃ、とふと思い立ち、でも髪切った後はすぐ風呂入りたいし・・とネガティブになり、じゃぁスーパー銭湯付属の床屋で切ればいいじゃん!?・・となってスーパー銭湯に行った。


なんかボクって時間のつぶし方というか、過ごし方が下手な気がするな。
仕事で忙殺されてる間は、欲しくてほしくて仕方ないはずの休日なのに、いざ休めるとなるとダラダラ過ごして、結局何事も成さない。

みんな、何してるんだ?特に独身中年のおっさんは、休みの日に何してるんだ??

スーパー銭湯に行くと、結構同じような年代のおっさんが居てちょっと救われた気になったよ。
彼らは仕事してるんだろうか? 中には作業着の人がいたりして、それは多分早出・早上がりの仕事の人なんだろうなと思うけど。

なんだろうな、このぼんやり感というか、虚無感は。何もしたくないような、それでいて何もしないと悪いことしてるようなこの気分。単なる退屈とも違うこれは何なのか。


あ、そういえばそろそろ賞与支給日だ。
これもまた、欲しい、欲しいと思いつつも、いざ貰ったからと言って何するでもないんだよな。もらう前はアレに使おう、コレ買おう・・なんて想像するんだけど、結局面倒になったり物欲が減退したりして使わない。

酔っぱらって問題起こして、国会議員としての活動が実質なくなっている某丸山ナントカ議員の半分くらいしか貰えないんだけども・・まぁ使い道のない金なんだし、金額の多寡に意味なんかないよね。

金、時間・・何のためにあるのかわからんね、もう。生きてる意味あんのかね。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村

posted by かのぴ~ at 20:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月08日

マトモじゃないことの実感

この季節、どこに行っても電飾で彩られてお祭りムード。

池袋lPLWGFFQ.jpg

大阪 天王寺IMG20191207171241.jpg

名古屋 名駅IMG20191124211535.jpg

オシャレで、洗練されて、幸福で、賑やかで・・・そしてその前提は全ての仮定された普通の人たち。
結婚して、子どもがいて、友達がいて、恋人がいて、一生懸命生きる人たち。
ボクはそのどれにも当てはまらない。一人で、無為に生きてるだけの人。

自ら望んだことと、そうでないこととが入り混じってるけど、こういう季節になると、自分は普通じゃないし、マトモじゃないって自覚させられるね。


生涯未婚率が30%とか言われてる中、そうした人たちは一体どうしているんだろう。
どこに消えてしまっているの?

4割近い子どものいない世帯の人たちも、どこに行ってしまったの?

・・・多分みんな、最初からこういう幸福な場所には近づかないだけなんだろうね。
たまたま、ボクが間違って足を踏み入れてしまうことが多いってだけで。


深刻で、確実に進行するこの国の人口滅亡は、まるでそんなことは存在しないかのように、見ない振りしながら進んでいくような気がして、ぞっとする。

そんな気分に浸りながら、天王寺を歩いていたら、通りかかった関西弁のオバちゃんが言う。
「なんやヒカリモンがようさんあると景気良くてえぇなぁ。」

ヒカリモンって・・・ww
さすが関西人。ムードとかそういうのブチ壊しや。素晴らしい!w

にほんブログ村 その他日記ブログ 社会不適合者日記へ
にほんブログ村
posted by かのぴ~ at 07:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする