2019年12月17日

意識他界系オフィス

意識が他界しそうなオフィスに行った。
IMG20191011145129.jpg

ボクのいる会社は、結構なホワイト企業だけど、割と伝統企業でもある。
まぁその前の重厚長大系オールドエコノミーに比べたら割と新しいんだけど、それでもまさに日本企業って感じ。

とはいえ、機械系産業がこのままでは生き残っていけないわけで、いろんな産業間乗り入れやら新技術やらがある関係で、割とIT系とか投資コンサルとか、そういう感じな業界とかかわることが出てきた。
・・・この辺を濁そうとすると何言ってるかわからんくなるな。けど、何業界とか細かいことあんまり書きたくないんだよね。ホラ、クズ人間のブログだし、身バレしたらいろいろマズそうだし。


で、新興業界ってのは何かと自由で、なんか洗練されてるんだよなぁ。

今回行ったオフィスは銀座近く。
レセプションには深く座れる....というか殆ど寝そべるようになるフカフカのソファ。
やたらいい豆使ってる(多分)無料ドリップコーヒー。
レセプションと言いつつ社員らしい人たちがオープンスペースで立ったり座ったり、まちまちな格好でミーティング。南西アジア系から東アジア系中心に多様な人種構成。
入館手続きは顔認証。機械音声で「スマイル」とか言われても、面白くもないのき笑えるか、と。

デスクはフリーアドレス。オフィスにありがちな書類の山なんてないどころか、書類キャビネットもバインダーすらほとんどない。
税務署類とか総会や取会議事録、税務署類とかどうしてるのか聞くと、今は法令上保管義務や期限があるものも、電子保管で税務署も何も言わないそう


どこまでも洗練され、シンプルで、儲けに真っ直ぐな人たち。
.....スゴいな。もうこれは、人種が違う。

スーツ姿で、部下のメタボハゲおっちゃん連れてこういうオフィスに行くと、ものすごくみじめというか恥ずかしくなる。で、いたたまれないというか、空しいというか・・・もうそのまま秋葉原でも歌舞伎町にでも直行したくなる。


そんなわけでボクはそのまま・・打ち合わせが終わると、エログッズ売り場に駆け込んだのだった。IMG20191020212624.jpg

意識めっちゃ高い系から、地の底まで潜り込むような意識低い系。
あまりの高低差にボクは、頭痛を起こしたのだった。

・・なんかこの記事、このブログのこれまでの記事の中で一番何が言いたいかわからん記事だな。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村
posted by かのぴ~ at 22:29| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月15日

ボクの乞食スポット

なんだかわからんけど、「乞食」ってワードが最近マイブーム。
まぁ現実で口にしたらそれはもう大変なことになると思うけど、もちろんそういうことじゃなくて頭の中でね。

ボクにはいくつか行きつけの乞食スポットがある。行きつけって程頻繁でもないんだけど、覚えていて、時々行きたくなるところ。
距離に応じてそれは年一回のこともあれば、月一回のこともある。

そして、新たなる乞食スポットを探して失敗したりもする。
このさもしい根性はいつまでも矯正されない。別にお金がないわけでもないのにね。育ちってやつだね。


時季限定、九十九里の無料振る舞い
P1360632.jpg
1月1日の未明に九十九里浜で無料の甘酒なんかの振る舞いがある。これには何度か行った。
ただ、時間が時間だけに公共交通機関は行きづらいし、バイクで行くとめちゃくちゃ寒い。高速道路なんて使ったら,甘酒何杯飲めるんだよ、って額になるというバカバカしいもの。

正月に甘酒屋お汁粉、お酒の振る舞いを神社がするってのはボク的には常識のようなものなんだけど、最近はそういうの少ないんだね。あと、あっても「数量限定」、「先着●名様」みたいなケチ臭かったり、妙に競争心を煽ったりする。
そして振舞われる甘酒屋焼き魚なんかは実にショボかったという残念スポット。

でもまぁ、日の出はキレイだ。P1360691.jpg


下仁田 もてぎ
P1230672.jpg
群馬県辺りでは、こんにゃくの価値がほかの地域に比べて圧倒的に低いらしい。
国道沿いにある「もてぎ」では、200円でおでん状のこんにゃくが食べ放題になる。

こんにゃく自体はカロリーがほとんどないので、カロリー単価で考えると200円はある意味高いかもしれない。
しかしそれでも、食べ応えのあるこんにゃくの食べ放題は、ボクの乞食根性を満足させるのだ。P1230658.jpg


こんにゃくパーク
こんにゃくがらみだと、吉井付近にあるヨコオデイリーフーズのこんにゃくパークは外せないだろう。
昔はこ~んなにひっそりと小規模で、知る人ぞ知る乞食スポットだったんだけど・・P1050982.jpg

今や大型駐車場を抱える一大コジキ・エンタテイメントに成り上がって(成り下がって?)しまった。P1380317.jpg

最近じゃ、大行列ができてて座れない。
で、垂れ幕なんかかかってて、「無料試食」なんて前面に打ち出してるわけですよ。もうね、アホかと。馬鹿かと。
お前らな、無料こんにゃくバイキングごときで普段食べてないこんにゃく食べに吉井くんだりまで来てんじゃねーよ、ボケが。
なんか親子連れとかもいるし。一家で乞食スポットか。おめでてーな。
「あ、こんにゃくラーメンだって~♪ すご~い!!」とか言ってるの。もう見てらんない。
お前らな、このこんにゃくプリンやるからその席空けろと。
乞食スポットってのはな、もっと殺伐としているべきなんだよ。目が合ったら盗るか盗られるか、そういう緊張感が良いんじゃねーか。女子供、リア充真人間は、すっこんでろ!
で、やっと吸われたと思ったら、隣の奴が、「デザートはカロリーあるんだな」とか言ってるんです。
そこでまたぶち切れですよ。
あのな、カロリーオフなんてきょうび流行んねーんだよ。ボケが。得意げな顔して何が、カロリーある、だ。
お前は本当にこんにゃくを食いたいのかと問いたい。問い詰めたい。小1時間問い詰めたい。お前、カロリーとか言いたいだけちゃうんかと。
乞食スポット通の俺から言わせてもらえば今、コジキ・エンタテイメント通の間での最新流行はやっぱり、ローテーションコジキ、これだね。
試食と称して何度も並びなおす。毎回始めてきたふりをする。これが通の乞食スポットの訪問。
ローテーションってのは何度も無料で食べられる。そん代わり飽きる。これ。
で、それにこんにゃく以外のものが混入しているメニューを多く取る。これ最強。
しかしこれを繰り返すと次から店員にマークされるという危険も伴う、諸刃の剣。
素人にはお薦め出来ない。
まあお前らド素人は、おでんでも食ってなさいってこった。

・・懐かしいな。

下條 蕎麦食べ放題
蕎麦って高いよね。食べ放題なんてない・・と思ってません?
あるんだな、これが。
道の駅下條、「そばの城」はそばがお代わり自由の食べ放題が1,400円。P1480709.jpg

・・乞食スポットと呼ぶには少々高いか。
ちなみに、埼玉県入間市に「和花」という店が蕎麦食べ放題を提供していて好きだったんだけど、2019年5月で閉店したそうな。


武蔵野うどん
実は埼玉は、結構うどんがメジャーだったりする。
武蔵野うどんと呼ばれていて、香川ほどじゃないんだけど、コシがあってなかなか美味い。

武蔵野うどんには、お代わり自由の文化があって、チェーン店でも麺お代わり自由な店が結構ある。
https://takekuni.jp/menu/
いま見ると、食べ放題店とそうではない店があるみたいね。他にも何回か、偶然入った店でお代わり自由だったケースがあるな。

乞食精神を存分に発揮するんだけど・・・会社関係で外出中だったりするとそれができないのが残念。



結局、ボクはあくまでもエンタテイメントとしての乞食スポットを求めているのであって、本当に食うに困ってる人への情報としては全然役に立たないな。西成で生活した方が絶対トータルで安いし。

にほんブログ村 その他日記ブログ 社会不適合者日記へ
にほんブログ村
posted by かのぴ~ at 11:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月13日

貧乏人の世界に闖入した普通の人

ある時、夜行バスに乗り込むと、こんな人を見かけた。
IMG20191211225702.jpg
分かるかな?
リクライニングを最大まで倒して、ふんぞり返ってるわけだけど・・・バスの仕様にもよるんだけど、ものすごく後席が狭くなって乗り込みが困難になってるの。後ろの席の人、かわいそうに・・・と密かに同情したよ。IMG20191211225705.jpg

本人は全く意に介する様子もなく、快適に過ごしたようなのがまた空しい。
そして、少なくとも貧乏でカネがなくて夜行バスに乗っているようなクチには見えない。

バスの構造の方もおかしいんだけどね。
後ろの席が通常の状態で、前の席が最大リクライニングすると、後ろの席の人の目先20㎝程度のところに前の席の人の後頭部が来るという。


このカスみたいなおっさんが悪いとか、後ろの席の人(これもまたおっさんだった)がどうにかすべきとか、そんなおせっかいがしたいわけじゃない。この程度の理不尽、夜行バスではよく見かけることだ。

ボクが言いたいのは、貧乏なヤツがトラブルを起こしがちで、「貧乏人は精神的にも劣っている」だとか、「金持ちは鷹揚で精神的にも成熟してる」・・・なんてのは欺瞞だし、それどころか本当に文句を言うべき相手に文句を言わせないための分断じゃないか、ってことだ。

サービスを提供する会社(バス会社)は効率よく金をとることばかりを考え、不合理な構造の狭い車内に押し込める。
そのしわ寄せは客に行き、客同士のいがみ合いという形で現れる。
トラブルが起きても「お客様同士譲り合って~」とモラルの問題に押し込めて我関せず。

こういう構造になってないだろうか。
そして、すでに貧乏人は、それにすっかり取り込まれてしまって、世の中にモノ言う牙を折られてしまっていないか。

ちょっと前まで、試しに金持ちを、満員電車にブチ込んでみたらいいんじゃない?試しに、金持ちをエコノミークラスに押し込んだら?フェリーの3等ジュータンで雑魚寝で移動させたら?・・な~んて思ってたよ。
そうしたら金持ちだってすました顔を一変させて本性を表し、見苦しい場所の取り合い、押し合い、ひじ掛けの取り合いを演じるんじゃないかと思ってた。あるいは縮こまって我慢しながら不満を鬱積させるんじゃないか、と。

けど違ったんだ。

どう考えても場違いなこのオッサンは、人の迷惑もマナーも何するものぞ、と横柄な態度で快適に過ごした。
むしろ周囲の格安の移動手段を常用するような人たちがトラブルを避けようと我慢し、譲った。


こんな輸送の在り方が許されて良いはずがない、と怒ることも諦めさせられ、怒れば「貧乏人w」と嘲笑され、空気読んで押し黙って甘んじて効率化を追求したサービスのエサになり、金持ちは底からもうけを得て、たまにそういう世界に闖入したかと思えば、横柄にふるまい、「別に大したことないな」「快適だな」なんて勘違いを起こす。

そこにどうしようもない行き違いの虚しさを覚えたね、ボクは。


にほんブログ村 その他日記ブログ 社会不適合者日記へ
にほんブログ村
posted by かのぴ~ at 12:05| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする