2019年12月22日

自分の知能への疑い

資格マニア趣味を続けている。

ボクは努力は嫌いだけど、新しいことを知るのは嫌いじゃない。
だから、通勤中に参考書とか問題集やるくらいで取れる資格しか取らないんだけど・・・それですら最近能力の衰えを感じるようになってきた。

20代の頃は、通勤の1時間の参考書での勉強だけで結構取れてた。測量士補とか、計算モノまでそれで取れてたってのは今にして思えば異常だったと思う。セキュアドも、もうなくなっちゃったけど一応高度情報処理の部類なんだよな・・・本当に、信じられない。

いまその辺りの問題集とか参考書を読むと、さっぱりわからない。全く理解できない。be3e7d60.jpg

試験が終われば忘れるってのはいつものことなんだけど、何かが違う。


新しい資格試験を受けることに決めて勉強初めても・・覚えられない、理解できない、というよりも、集中して没頭できない感じ。
頭に靄がかかったような。本気になれない。「よし、覚えよう!」と気合を入れられない・・そんな感じ。


学生の頃、「頭が悪い奴は努力が足りない」なんて思いあがってたけどさ・・成績悪かった人たちってのはこういう感じだったのだろうか。

それでもボクは資格マニアをやめることはないだろう。
世の中には簡単な資格はいくらでもあるのだ。自分のレベルに合わせていけば良いのだ。
衰えていく自分を確認する絶望的な営み。それが資格マニア。


さて、来年は何を受けようか。

メーカー勤務だし、公害防止管理者かな。

にほんブログ村 その他日記ブログ 社会不適合者日記へ
にほんブログ村
posted by かのぴ~ at 03:37| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月20日

年末計画

夏休み、タイをブラブラして思いの外楽しかったので、冬休みもタイに行こうと思う。
日本では難しくなった寝台列車になるべく乗って。

前回は北の方、ノンカイとかチェンマイとかだったんで、今回は南の方、スンガイコーロクとかヤラー、ナラティワートあたりに行きたいと考えている。

・・まぁ、全般イナカなんで、都市部のHAT YAI(ソンクラー県)あたりにとどまることになって、気が向いたらマレーシア国境まで行くかな。アロースターとか、パダンブサールとか。・・いや、遠いし面倒か。


この辺りはタイでは例外的に危険な地域とされている。
外務省によると・・
●ナラティワート県,ヤラー県,パッタニー県及びソンクラー県の一部(ジャナ郡,テーパー郡及びサバヨーイ郡)
レベル3:渡航は止めてください(渡航中止勧告)。(継続)

●ソンクラー県(ジャナ郡,テーパー郡及びサバヨーイ郡を除く)
レベル2:不要不急の渡航は止めてください。(継続)

・・だそうな。う~ん、この情報10年以上変わってないな。

ボクは、タイ、マレーシア国境辺りはそこそこ地理感がある。国境のタイ側での経験はあんまりないんだけど、マレーシア側の北部(タイ南部)付近で若干仕事していたことがあってね。だから構わず行く。自動車爆弾とか無差別テロは起きてるようだけど、死んだら別にそれまでってだけの話だ。

でもやっぱり北部も行きたい。

タイの北の方って、どこか懐かしさというか、昭和の成長期的なわくわく感というか、田舎から都会への移ろいというか・・・そういうものを感じられていいんだよね。

よし、タイを南から北へ縦断しよう。
というわけで、夜行バス、寝台列車、飛行機を駆使して、南部から東北部あたりまで動きまくるプランを作った。どんなパッケージツアーでもまずやらない、移動しっぱなしの旅。バス泊、寝台列車泊の連続。

・・なんか意味ないような気もするけど、そもそもボクの旅に意味なんてなかった。
やりたいことを、やりたいだけする。それだけ。

このブログは、叙事ブログじゃなくて、抒情ブログだから、旅行記みたいなのはやらない。
いった先々で感じたこと、考えたことを書き留めていこうとは思う。間違いなく、ろくでもなく、くだらないだろうけど。

あぁ、今から待ち遠しい。
忙しくて、イライラして、疲れてるけど、心だけは熱帯に遊ぶ。そんな残り一週間になりそう。
バクテー(肉骨茶)、カオマンガイ(海南雞飯)、シーフード・・・太るな。

やっぱり、東南(個人的には南西から西も)アジアは、まだガンに効かないが、そのうち効くようになるんじゃないかと思う。

あっ、このブログに似つかわしくない前向きさだなこの記事。良いのかこれ・・・。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村
posted by かのぴ~ at 22:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月18日

恥ずかしい落とし物

×落とし物は恥ずかしい
〇落とし物が恥ずかしい
IMG20191212105338.jpg


今日、帰宅途中パンを買って帰ったんだ。
レジ袋にパンを入れて、手に提げて移動して、駅で電車に乗ろうとしたとき、何かのはずみでするりとてからパンの入った袋が滑り落ちた。タイミング良く歩いていたボクの足先に当たり、ちょうど蹴飛ばすような形でパンは滑って・・・電車とプラットホームの間から線路に落ちていった・・・。

コレは恥ずかしい。

そこで思い出したんだ。昔の落とし物の数々を。
恥の多い人生において、今回程度の珍プレー的な落とし物なぞ物の数ではないのだ。


小学校の修学旅行か林間学校かだったかな。
風呂場にパンツ忘れたんだ。落とし物っていうか忘れものな。

ボクは小学生当時、パンツに継物がしてあった。破れたり擦り切れてたりするのを、布を当てて補修するの。それは当時でも「今どき・・」と思うようなこと。金がないでもなく、異常にモノを大切にする(という名の下の異常な守銭奴的執着)から。

それを落として(というか忘れものして)しまったわけだ。

ボクのいた小学校では、修学旅行の夕食の時間は全員で集まってとる。で、そこで教師が全員の前で忘れ物を見せながら、誰のか確認して取りに来させるんだ。
財布~、タオル~、シャツ~・・・次々忘れ物を児童たちに見せながら持ち主を確認していく。
ぱんつ~・・・さすがに食事中の児童たちの前でヒラヒラさせるようなことはなかったけど。

ボクは、無関係を装って、反応しなかった。びくびくしながら、追及(?)が終わるのを待っていた。
今にして思えばありえないんだけど、名乗り出ないならみんな自分のパンツ持ってるかチェックするぞ、なんて言われたらおしまいだ、どうしよう、なんて考えながら。

結局あのパンツはどうなっただろうか。
名乗り出ていたら、今なら虐待を疑われかねなかった、アレ。



それから、会社でもやったことあったな。

外出した帰りに、ちょっとエロ同人誌買ったんだよ。
その時は勤務地が大手町にあって、東京駅か大手町駅かが会社の最寄だったんで、秋葉原でちょっと降りたりなんてことが簡単にできたからね。

同人ショップで買い物すると、中が見えないように黒い袋で渡されるんだけども、薄いからそのまま袋に入れた状態でカバン入れておいたんだ。
で、会社に戻ってトイレに入ってう〇こした。いったんデスクに戻らずにそのままカバンを持って。
そして、なんとなくカバンの中のさっき買った同人誌を取り出して・・・読んだ。当時はまだ性欲旺盛で、買ったばかりのエロモノはすぐに読みたかったのだ。

で、同時にう〇こもする。・・・器用な。
終わった・・・ウォシュレット使って、ぺーパーで拭いて・・・さすがにあんまり長いと、外出とはいえ職場になんか言われるかな、と急に不安になったボクは急いでデスクに戻った。
・・あろうことかエロ同人誌をトイレの個室に置き忘れて。


あの時の同人誌の忘れ物は、会社の忘れ物掲示板には載っていなかったな。
(社内のイントラシステムで、総務とか人事から通知があると載ったりする。忘れ物はその定番コンテンツだった。)

あの同人誌は、会社的にどう処理されたのだろうか。

なお、内容はロリモノ。
「おねがいティーチャー」ってアニメがあってね、そのころ。そこに出てくるロリキャラ(実年齢的には・・)で森野苺ってのがいてですね、彼女が凌辱されるという・・・最悪だ。こんなものを読む趣味があったこと、それも会社に持ち込んでいたことがバレたら社会的に、いや、会社的に死んでたところだったよ。

気になるのが、会社には当時から普通に防犯カメラが付いていて、その気になればだれがどこのトイレに入ったかなんてわかるはずなんだよなぁ。もしかしたらボクだって会社にはバレてたのかもしれないな。
いや、たかだか落とし物のエロ同人誌のためにそこまでやらないか。
いや、でも内容が内容だしな・・・と今でもこれを思い出すと悶々とする。

ま、今はもうやめた会社での話なんで、どうでもいいと言えばどうでも良いんだけど。
行っとくけど別にこれが原因で会社辞めたわけじゃないからね。



あぁ・・今回もまた意味不明な記事を書いてしまった(笑

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村
posted by かのぴ~ at 21:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする