2019年10月29日

海外でもムラ社会を作り上げる日本人たちの話

海外に行くと見分が広がる・・というのはその通りだと思う。
IMG_20190814_103454.jpg

ゆるゆると仕事をし、おせっかいを焼く人たちに触れることはとても意味があることだと思う。
けど、仕事で海外に住んだりしてしまうと、そこは途端に日本社会の、それも悪いところばかりが凝縮されたような世界になってしまうんだ。

今日はそんな話をしようと思う。

日本人会。
これがまずクソ。

序列下位(若者や駐在先企業の後ろ盾のない人)を小間使いにして、飲み会やらゴルフやらのアレンジさせたり。
まさに古き"悪き"日本そのものの世界。

日本に一時帰国したらお土産配布は当たり前。
もちろん配布の順序、内容は序列に従わなければ嫌味、嫌がらせが待っている。

独身だし駐在員の身分だったボクは、幸いにもあまり関わらずに済んだけど。

これは特定の日本人会の話ではなく、どの国に言っても日本人会の悪評は普通に耳にする。
ボク自身は5か国ほどで日本人会に関わったけど、そのいずれもだ。

これはもう、所在国の特性とかそういう問題じゃなくて、日本人の特性なんじゃないかと思うようになったね。


次に、駐在員の奥様会。
クソオブクソ。日本人会のクソどもからひり出されたクソが折り重なって聳え立ったクソ。

駐在員は「帯同」と言って配偶者(99%が妻)を連れてくることがある。
もちろん先進国の方が帯同率が高く、途上国では低い。

まぁ妻が夫を支えるなんてのは時代錯誤だし、ついてこないのは別に良いでしょう。
けど・・子どもも介護対象の親もいないのに、途上国だと付いて来ず別居状態で、先進国や観光国に異動したら付いてくるって奥様が多数だったりする。

そんな奥様達のプライドたるや、まるで貴族。

それもそのはずで、日本人駐在員は日本ではおよそ無理な広々としたマンション(現地では"マンション"とは言わないけど)や庭付きの広い一軒家に住むし、夫の給料も様々な手当てがついて、平社員でも1千万近い給料をもらったりする。

帯同で来た妻が現地の労働許可を取得するのは難しいから、暇を持て余しお稽古事やらレジャーやらをしつつ過ごすわけだけど・・そりゃ勘違いしちゃうよね。

先進国はまだしも、それが程々発展した観光国だったりすると、現地人の扱いも丁寧だし、更に勘違いを加速させたりする。


そんな奥様達を集めた親睦会が、会社ごとにあったりする。最近は減ったかもしれないけど。

夫の会社での上下関係をそのまんま持ち込んで、陰湿なイジメ、陰口、仲間外れ・・なんてことが起きているのは想像に難くない。

精神病んで帰国しちゃう方がよくいて、そうした実態は耳に入ってくる。
それを聞くのもボクの仕事だったりする。
ほら、法務とか総務って、人事トラブルも業務範囲だから。


その奥様たちの会の定例会の世話を一回だけやったことがあるんだけど・・・酷いもんだよ。

定例会の案内かけるとまず会の誰か(多分その役割を押し付けられたのだろう)が聞いてくるのは、ボクの会社での職位。

最初、なぜだろうと思ったんだけど・・やってみたらすぐわかった。
アレンジに文句言ってくる奥様は全員、当時のボク(現地法人の課長職)より職位が上の人の奥さんだったから。

面白いように、文句言う前に、「〇〇の妻ですけど」とか言ってくれちゃう。
内心、「だから何だよボンクラ工場長のヨメが(笑」とか思ってるわけだけど。

ともあれ文句は聞かなければならない。仕事だから。

外国人しか来ないような(割と)高級なお店をアレンジしても、「行ったことある」、「美味しくない」、「こんなレベルのお店しか知らないのかしら」。

うるせぇ、コロすぞ!
・・と言いたいのを我慢して、「今後はご希望に沿うようにしますね」とかなんとか言って受け流す。
ストレスは溜まる。


社員のボクに対してさえ「下」と見なせばこれなんだから、奥様同士の関係はさぞかし酷いことでしょう。

分かる?

日本人が海外に出てやってる事ってこんなのよ?
そびえたつクソ同士のクソの投げ合いとその世話w


ちなみにそのあと、ボクが人事関連も扱ってると奥様達に知れた後はピタリとクレームは止んだ。
本当にクズだ、あいつら。



しかし彼ら、彼女ら、こ~んなまさにニッポンの肥溜めみたいなことを現地でやっているのに、それでいて海外経験を誇ったり、滞在経験者は旅行者をバカにしたりする。

自分たちは仕事で来ている。
住んでいる。
旅行者と一緒にするな、なんてね。

旅行者のほうが現地のことわかってたり現地語話せたりするケースも珍しくないんだけどねぇ。


あぁ、いやなコト思い出したな。書いてるうちに。
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村
posted by かのぴ~ at 21:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする