2019年10月28日

チャレンジ童貞

竹中がなんかアホなコト言うとります。

「下品な意味ではなく、今の日本人は『チャレンジ童貞』になっているのではないかとすら思います。自分がまだ見ぬ世界、領域、場所、体験など、未知のものを異様なまでに怖がっているように見えるのです。その様は、女性を知らないがゆえに、女性に現実離れしたイメージを抱き、恐れたり、蔑んだりする童貞男子とそっくりです」
tknd.JPG


彼のやってきた労働規制緩和で、どれだけの人を追い込んだのか彼自身が自覚してないはずがないと思うんだけど・・・。

"チャレンジ"が何を意味するのか不明確だけど、起業であったり投資であったりするのだろう。
チャレンジ以前に生きていくのがギリギリな人間を量産しておいて、チャレンジしないことを揶揄しようってのは、あまりにゲスで言葉もないね。

ともあれ、本当にチャレンジ精神を持った人間が大量に出たら、パソナ取締役社長としては困るんじゃないか・・と一瞬思ったんだけど、多分彼のこの発想の真意は、チャレンジを求めることにあるわけじゃないと思う。

チャレンジする気力も体力も時間も奪いつくして国全体が疲弊して滅びに向かっている現状を、チャレンジしない人達に責任転嫁しようとしているんじゃないだろうか。

チャレンジすればいいのに、しなかったんだからあなたの責任ね、と。

チャレンジが成功する確率をものすごく下げた張本人がこれを言っているわけで、盗人猛々しいというか、恥知らずというか、呆れ果てる。
もちろん、運よく何かの原資を得て、自立する人ももちろんごく少数出るだろう。

わずかでも成功例が出れば、大多数の失敗者に対して、努力や能力が足りない、と自己責任を要求できるわけで・・どちらにしても、分の悪いチャレンジをけしかける側は安泰なのだ。

なんでこんな最悪の男がいまだに権力を持ち続けていられるのか、ボクには全く理解できないよ。


そういえば、チャレンジ童貞を揶揄できるチャレンジヤリチンの竹中は、自分ではどんな「チャレンジ」とやらをしたんでしょうかね。

サラリーマンが出向先で気に入られて政府に入り込んで、経団連と政府に都合のいい言説を振りまいて重用された・・・ずいぶん素晴らしいチャレンジ精神だなこれ。

風俗でヤりまくって、オレは経験豊富で女をわかってる、童貞と違う、とか言ってるようなもんだよこれ。


で、同時期に萩生田の発言。

「それ言ったら、『あいつ予備校通っていてズルいよな』と言うのと同じだと思うんですよね。だから、裕福な家庭の子が回数受けて、ウォーミングアップができるみたいなことは、もしかしたらあるかもしれないけれど、そこは、自分の身の丈に合わせて、2回をきちんと選んで勝負して頑張ってもらえば」
hsgt.JPG


なんかもう、公平な競争とか、平等なチャンスとか、確保する気なんか無いよって堂々と言い始めちゃってるね。
前提も条件も考えずに、「はい負け、自業自得」ですべて終わらせようっていうね。


そしてソレ言ってるのがみんな、「お前が言うな」な人なんだよなぁ。

ちなみに萩生田は早稲田実業のお坊ちゃん。なぜか大学は明治大学。
悪いけど、優秀とはいいがたいタイプで、まともに知力と商才で勝負して人に秀でるような人じゃないと思うね、コレ。

・・いや、それ言ったら総理大臣からして・・・日本語や常識すら怪しい。



じゃぁ、死ぬほど苦労して、努力して、それで勝ち取った人達に政策決定させればよいかというと、これはこれで問題があるとは思う。
自分の立場や財産は努力の成果で、運の要素なんかないんだ、なんて思いこんじゃうケースもあって、結局過酷な政策を振りまく可能性があるからね。

程よく努力して、周囲やタイミングに恵まれて、そうした幸運を理解できる教養のあるバランスの取れた人でなければいけないんだ。
官僚も、政治家も。

でも、今の政府って全くそうはなっていないよね。
運が良かっただけの、そして往々にして頭のよくないお坊ちゃん。

そんな連中に要求される自己責任。

やり切れませんわ。
公平とか公正ってのは、死んでしまったんだろうか。

にほんブログ村 その他日記ブログ 社会不適合者日記へ
にほんブログ村
posted by かのぴ~ at 02:28| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする