2019年10月24日

皇統の本質は精液

テンノーヘーカバンザーイ どか~ん・・・と、どっかの独裁国家みたいな気味の悪い儀式が、ちょっと触れば「暴行」「公妨」と称してブチ込むケーサツの庇護のもと、10月22日の天候としては出現率30%の小雨という奇跡とともに実現したようで。

taisho-tenno-eyecatch.jpg

幸福追求どころか、下手したら生存の確保にすら役に立たなくなっていってる政府が求心力を保とうとしたら、事実や科学、論理じゃないところに拠り所を求めるようになるのも当然で、カルト化するのはまぁ予想通り。

上がらない賃金、減っていく人口、維持できない社会保障、滞る経済成長・・現実を目の前に、それでも従順さを国民に求めるんだから、・・カルトにでも走らなきゃそりゃムリでしょう。
これが意外と無邪気に肯定されるんだからまぁ、日本人というのはお人良しなんだな。


どうもこのカルト集団の教義(神道には経典や聖書のようなものが無い)的には、教祖(厳密には教祖どころか神の末裔という、他の宗教では手を出さないような、傲慢な教義である)の血統が男で世代が繋がることに意味があるらしい。

ぶっちゃけどうでも良いし勝手にすれば、と思うんだけどできれば税金使わないでやって欲しいもんだね。
税金払った覚えはあっても、カルト集団にお布施した覚えはないんでね。


しかしね、その教義に沿うならば、精子保存しとけば良いだけじゃないのかね?

裕仁の精液とか保存してないのかね?
技術的には昭和の段階でできたと思うんだけど。いや、ちょっと厳しいか。

少なくとも今は技術的に十分可能だから、明仁のでも良いかな。
・・いや、彼はもう射精できないか、80超えてるし。勃ちもしなさそう。

じゃぁ・・悠仁クンの精液搾っとくべきだな、今のうちに。
12~13歳くらいだろうか・・今一番イキの良い精液が大量採取できるんじゃない?

彼はいろいろ私生活も監視されてるだろうし、行動も情報も制限されているだろうから、彼の精液採取には様々な困難があるかもしれないけどね。
普通に握って扱く方法とかできなくて、ボクみたいに床オナ会得してたりしたら大変。

「ここに出してください」、なんてカップとか渡しても戸惑っちゃうだろうし。

これはもう侍従の介助がぜひとも必要だと思う。

そもそも、カルトの教祖様のご子息に、自分の手で発射させるなんてあってはいけない。
やんごとない方法で、心安らかに快適にお射精あそばされないとね。

当然おっさんの官僚にヤらせたらトラウマものだから、女官じゃないといけないし、皇位継承者にガマンを強いてもいけないから、見た目も考えて選考して・・。

12~13歳くらいの子が、女官に精液採取される図が出来上がるわけだ。

きっと男系の存続を強く望む一部カルト支持者の皆さんもきっとこれには賛成してもらえることでしょう。
ショタ好き大喜び。



どうせ皇室に個人としての人格なんて誰も求めてないんだから、そのくらいしても良いと思うけどな。
皇室の本人たちもわかってるでしょうよ、そのくらい。そうやって変われる代わりに生活の安定を手に入れてるんだって。

本人も気持ち良いし、誰も損しないと思うけどな、これ。



倫理?人権?

カルトの皆さん人権なんて大嫌いでしょ。
人権思想自体西洋の概念で、日本の伝統じゃないみたいだし。


それはそうと、ネットで調べたらこんなの出てきたんだけど・・・これ本当に売ってるんだろうか。人間用か??
精液コレクションマシン。pc14725210-.jpg

https://japanese.alibaba.com/product-detail/high-quality-automatic-sperm-collector-for-ivf-60714167352.html?spm=a2700.md_ja_JP.maylikeexp.5.36e06e1eVApUlG


いやこれじゃ味気ない?
でもカルトの教祖的な位置づけとなると、一般人との結婚とか生殖ってイロイロ面倒なんだよなぁ。

次善の策としては、伝統と格式の古事記に従って、近親婚も十分アリだな。

どっかテキトーな柱の周りを周回しつつ、愛子ちゃんでも佳子ちゃんでも眞子ちゃんでもと出くわしたら、「あなにやし、えをとめを。」とかなんとか言ってヤっちゃえば良いんじゃないかな。

神話の再現なうえ、臣下(?)から嫁を取ったり婿を取ったりすると嗅ぎまわるマスコミ対応も必要ないし、オールハッピーだろこれ。

もともと天皇家ってのは近親婚やりまくりだったわけだし、それ自体が、権力を拡散させないための皇室の意思だったはずだ。

身内同士で仲良くヤってたら良いだろう。
余裕のなくなっていく社会で、それが皇室の生存戦略じゃないかな。

にほんブログ村 その他日記ブログ 社会不適合者日記へ
にほんブログ村
posted by かのぴ~ at 22:24| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする