2019年10月09日

バスの中(その2)

通勤経路のバスで見かける純愛おじいちゃんと、空気読めないおっさんの話の続き。
4177TND6E8L.jpg

ある日、ボクがいつものバスに乗ると、空気読めないおっさんが、純愛おじいちゃんの愛する席に座っていた。
バスの中は、それはもう静かな大興奮(多分)。

誰も何も口にしないけど、みんなチラチラと(新)純愛席見てるの。

(おい!ヤベーよ! ヤベーヤツがヤベー席に座ってるよ! ヤベーおじいちゃん来ちゃうよ!?)
・・と、乗客皆が思っていたに違いない。


それはもう、ゴジラとモスラみたいな。
エイリアンVSプレデターみたいな。
いや、貞子vs伽椰子が一番しっくりくるかな。

バスが、純愛おじいちゃんの乗るバス停に到着すると、み~んなバスの前方の乗り口に注目する。
期待に満ちた目で。

そして乗ってきたよおじいちゃん!

その時、コミュ強オジサンは、誰とも話していなかった。
だってほら、優先席は独立席(一人がけ)だからね。隣に人が居ない。
で、近くによると話しかけられるから、席の周りに立っている人も居なかった。


おじいちゃん、純愛席に行くと、いつも通り手すりにつかまり、コミュ強おじさんを凝視する。
するとコミュ強おじさん、すっと立ち上がって、「どうぞ」と譲った。

これは、純愛おじいちゃんの勝利(?)か?と思いきや、コミュ強おじさん、純愛おじいちゃんに話しかける!

今まで誰もできなかった偉業をいとも簡単に成し遂げるコミュ力モンスター!
そこにシビれる憧れるぅ!

スゴい!
空気読めないコミュ強おじさんスゴい!!

コミュ強おじさん:「暑いね~そんな長袖のシャツ来て暑くない?汗疹できちゃうよ?」
純愛おじいちゃん:「フゴ・・・」

コミュ強おじさん:「汗疹って言えば今日はXX工業なんだけど、作業場に扇風機ねぇんだよ~」
純愛おじいちゃん:「フゴ・・・」

コミュ強おじさん:「大体、ジャッキが錆びてて動かないんだよなぁ。ケチなんだよ。あそこの息子も無理して大学行ってるからそういうことになるんだよ・・」
純愛おじいちゃん:「フゴ・・・」

コミュ強おじさん:「今日もニュース出てたけど、大学出てても犯罪やって新聞に出るようじゃおしまいだよなぁ・・」
純愛おじいちゃん:「フゴ・・・」


スゴい!支離滅裂だったり飛び飛びの話題に冷静に返す純愛おじいちゃんスゴい!
「フゴ」しか言ってないけど!!

コミュ強おじさん:「そういえばあんまり見ない顔だね?おでかけ?」
純愛おじいちゃん:「フゴッ!」


お前純愛おじいちゃん知らなかったのかよ!!

多分、バスに乗っていた乗客ほぼ全員が心の中でツッコんだに違いない。


別に、そんなに面白くないかもしれない。
でも、ボクにはツボだった。

ボクはこみ上げる笑いを必死で押し殺すべく、口を押えた。
が! 鼻は抑えなかった!! 当り前だけど。

ボクの笑うために肺から繰り出された空気は、行き場を失い、ふさがれていない鼻腔に殺到した。
そして、「ぶぼあ!!」というワケのわからない声(というか音)とともに、鼻から大量の鼻水をブチまけたのだった。

ボク、鼻炎で夏でも鼻詰まってるんだよね・・。

不幸中の幸いで、その大惨事でボクのこみ上げる笑いは収まったんだけど、丁度手鼻をかむみたいなことになって、べっちょりとバスの床に鼻水を落としてしまったよ。


そんなわけで、ボクは某バス路線の変人その3にカウントされることになった・・かもしれない。
いや、知らんけど。



いたたまれなくなったボクは今、バス路線を避けて、倍の時間をかけて地下鉄で会社に通っている。


こうして、二台巨頭の戦いは勝利も敗北もなく終わったのだった。
というか、負けたのはボク一人だった気もする。



いや、全部ボクの妄想かもしれないんだけどね。
実は乗客の誰も純愛おじいちゃんなんて気にもしてないし、コミュ強おじさんも、適当に受け流して、気にも留まってないかもしれない。

そういう人って、ときどき居るし。

コミュ障で空気読めなくいボクが勝手な思い込みでそんなバス車内のストーリーを頭の中で作り上げてしまっただけかもしれない。

平穏で、どこにでもあるバス車内。
・・・でも、バスの中で突然鼻水ブチまけた大人って、多分あんまりいないよね。


「深淵をのぞく時、深淵もまたこちらをのぞいているのだ」


深いな、ニーチェ。


にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村
posted by かのぴ~ at 20:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月08日

バスの中

最近、通勤にバスを組み込んでみたことがある。
出向先の事務所がちょっと行きにくいところにあってバスが便利なんで。
30065201605021856.jpg
しばらくバスで通勤していると、同じ便で毎日乗り合わせている人が結構居ることに気が付く。
今回はそんな乗り合わせた人の話。


①純愛(特定の座席に)おじいちゃん
優先席の、それも特定の座席じゃなきゃ座りたくないおじいちゃん。
路線の中盤で乗ってくるので、大抵席は埋まっていて座れない。

すると、そのおじいちゃん、特定の席の前に陣取り動かない。
握り棒に捕まり、その席に座っている人を至近距離から見つめ続ける。なんかフゴフゴ言いながら。

周りの乗客:(あぁ、始まった。今日はあの人か。知らなかったんだな。可哀そうに。)

大体8割程度の確率で、おじいちゃんのプレッシャーに負けて席を譲る。
一度、目の見えない人が座ってたことがあった。
全盲かどうかはともかく、おじいちゃんの鼻息は感じたらしい。気の毒なことに、ものすごく狼狽えていた。

そう、純愛おじいちゃんは相手が何者だろうと、たとえ目が見えなかろうと容赦しないのだ。

ちなみに、他に席が空いていても、やっぱり特定の席にご執心で、プレッシャーかけ続ける。
その席にどんな思い入れがあるのか分からないんだけど、世界の何を敵に回しても、おじいちゃんはその座席にしかお尻を差し出さないのだ。まさに純愛。


首尾よく先客に譲って(?)貰ってその席に座るおじいちゃんは・・別に嬉しそうでもなく、やっぱり「フゴフゴ」。

毎日同じ便のバスにのるので、知っている乗客はだんだん遠慮したり怖がったりで、その席に座らなくなっていくんだけど、それでも知らない人は次々現れる。毎日のように犠牲者は現れ、入れ替わっていく。

いつかボクもおじいちゃんの愛する席をNTR・・とか思ってた。

そんなある日、大事件が起きた。
なんと、バスの仕様が変わっていて、おじいちゃんご執心の場所のシートが車いすスペースになっていたのだ!!

ご執心の席に座れても喜ぶこともなかったおじいちゃん、このときばかりは絶叫してたね。
「うーーー!!」みたいな感じで。絶叫って言うか、呻き声。

ボクはその時、おじいちゃんの「フゴフゴ」以外の声を初めて聴いた。

バスの仕様が変わってから、どうなったかというと。
おじいちゃん、シレっと別の優先席にご執心になった。

おいっ! 純愛じゃなかったんかいワレ! (勝手にボクがそう思ってただけ)

いや、だからなんだって話じゃないんだけどね、これ。

おじいちゃんをバカにしたいわけじゃないんだ。
確かにみっともないし、ちょっと怖いし気持ち悪い。

でも、多分これってボクの将来の姿なような気がするんだよね。
意固地で、他人の目がどうでも良くて、人に何言ってるか分かってもらえなくて、誰とも交流できなくて・・。


②コミュニケーション能力高いけど空気読めないおっさん
この人は、常時同じ便というわけではなく、数日に一回出くわす。
最初は単におしゃべりな人だな、と思ってた。

日本の公共交通機関では珍しく、大声で世間話なんかをしたりする。隣の席の人と。
話題はまぁ、雑多。そのうえ、あちこちに飛ぶ。

その日のニュースの話だとか、自分の仕事内容の話、同僚の話、親戚の話・・。
不祥事をやったあの会社はけしからん、から始まって、自分の仕事のあそこがキツい、作業服が破れる、親戚は事務仕事でケガもしてないけど体力がない同僚が宝くじ買った・・脈絡がないような気もするけど、こんな感じの話題が15分ほどの乗車時間で語られる。

聞いている相手は、あいまいな相槌を打つ。

そちらを見ないようにしつつ(コミュ障だから、人と目を合わせられない)、「またあのおっさんか」って感じで聞いてたんだけど、バス通勤を始めてから二カ月ほどして、毎回話している相手が違うことに気が付いた。

時に同じようなおっさん、時にスーツのサラリーマン。なんと、JKと話していることさえあった。
もちろん、話しかけられている側は大抵困惑してる。
つまり、毎日知らない人だろうとかまわず話しかけ、話し続けていたのだ!!

なるほど、隣の人が、「あぁ・・はい・・はぁ・・」なんて曖昧な相槌打つのもうなづける。

こういうのって、一種の病気のような気もするんだけど、コミュニケーション能力的には高いのかもしれないね。
無視されても、嫌がられても、関係を保ち続けるんだから。

空気は読めてないけど。


ボクはこういう人を見ると、ものすごく複雑な気持ちになる。

隣の人気の毒だな、という同情。
よくそんな話すことがあるな、という尊敬。
話す内容に品や知性がないな、という軽蔑。
それでも、黙り込むボクよりはマシか、という自虐。

ちなみにボクは共感性羞恥みたいなものがあって、恥ずかしい人を見ると、自分が恥ずかしくなってきて、ものすごく居心地が悪い。
自分が恥かいているわけじゃないのに、それと同じような恥の感情がわいてくるのだ。


そしてある日、世紀の対決は突然始まった。

ある朝、突然ボクはカタストロフィーを目にすることになる。

そう、①純愛おじいちゃんと、②空気読めないおっさん、ボクの乗るバス路線の二大巨頭が激突してしまったのだ!

・・なんか面倒になったので続きは後で。


にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村

posted by かのぴ~ at 21:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月06日

自分の二面性

人間にはみんなニ面性、ないしは多面性があるという。
snapcrab_noname_2018-3-4_21-52-40_no-00.jpg


人間誰しも、場面によって適切な自分を演じなきゃいけないわけで、それを称して多面性と言うならば、たいていの人は多重人格だろう。
でも、その落差が大きいのってなんか不健全な感じがするよね。


ボクはシャイだ。
初めて会う人にこちらから話しかけたりできない。話題はないし、あっても話が続かない。
特に複数、3人以上集まっている場になると、残りの二人に仲良く話してもらって、ボクは黙っているってパターンが多い。
そのうち、ボクの存在は忘れられて、残りの二人(以上)でなんらかの関係が出来上がる。ボクはそこから静かに立ち去る。

電話も好きじゃない。何か怖い。タイミングよく話さなきゃいけないし、感情も読めないし。


ボクは目立ちたがりだ。
議論が拡散したり、本題からズレるのを防ぎつつ、場をコントロールして、望む結論に持っていくように、積極的に動く。
プレゼンも良くする。
数百人を前にして、マイクを使わないで自社自部門の3~5年中期計画をプレゼンしたりもする。別にイヤではない。


ボクはケチだ。
何か選択肢があったら、安いほうをまず選ぶ。
会社の通勤定期券、なるべく切れ目に長期休暇が当たるように考慮して最適な期間で買う。所詮数百円程度しか得しないけど。

コンビニの食べ物なんて、割高だからまず買わない。買っても精々100円シリーズ。
旅行に行ってもエコノミー、国内の宿泊は簡易宿泊所やとほ宿、ネットカフェ。場合によってはキャンプだ。


ボクはお金を思い切って使う。
今乗ってるバイクは、メーカーの発売プレスリリース直後に注文入れた。見も、試乗もしないで。
純正ボックス、10万円付けて。
関西行ったら飛田新地行ったりもする(高い!)


ボクは出不精だ。
今日も朝から二度寝。昼に目覚めてちょっと所用を済ませただけで帰ってまた寝て、夜中目が醒めた。(で、この記事書いてる)
三連休をほぼ終日寝て過ごしたこともある。


ボクはアウトドア派だ。
夏休みはバックパック一つで海外に出かけて、1週間以上、宿の予約もなしで出かけて、野宿もどき(さすがに本当に野宿するとイロイロ不味いので・・)したり。
国内でも、18きっぷで移動しながら次の行程を決めつつ、九州まで行ったりする。
資格試験受けに、わざわざ関西や北陸まで出かけて行ったりする。(もちろん東京でも受けられるんだけど、敢えて)
バイクで出かけると、2日で1,000kmもツーリングしたりする。


ボクは根気が良い。
このブログのほかにもブログを10年以上やってたりする。日記みたいなものかな。
資格マニア暦は20年近い。取得した資格は国家資格だけでも50は超える。数え方にもよるけど。
バイクも20年くらい続いて乗っている。


ボクは飽きっぽい。
そういえばロードバイク、半年くらい乗ってないな。
スキーやろうと思ってウェア持ってるんだけど、この2年くらい着てない。一緒に行く人居ないと、まずやらないよね。


ボクはマジメに仕事をする。
他部門からの以来は特に丁寧にやるし、頼まれた以上のアウトプットをするのが基本。

上司に、「これどうなってる?」と頼まれたら、その日のうちに方向性と結果予測は必ず伝える。
設定納期より数日は早く素案を出して、指示を入れて完全なんモノにして提出。

提出資料には必ず”ウラ資料”を用意しておき、質問されたらすぐに出せるように先回りしておく。
英文ベースで作った場合は、読めない老害低脳のために、和文要約版をつけてやったりもする。


ボクはサボる。
仕事中、気分が乗らないと、会議室で寝てたりする。
昼休み長めに取ったりね。外出したら、帰らないで本屋よって立ち読みしたり。
今は勤務時間中の風俗立ち寄り模索中だし。

あと、仕事してるフリしてネットでニュースとか見てることもある。
横から除けないように覗き見防止フィルター付けて。



ボクはいろんなところで、「意外と」と言われる。
意外って事はそれと正反対のことすれば、それは人のボクに対するイメージに合致するってコトなんだと思うけど、それでもやっぱり別の人から「意外」って言われたりする。

こうしてボクは、自分がどんな人間か分からなくなる。
分からなくてもいい?
いや、そんなの、自分がないのと同じことじゃない。

人から疎まれ、人を好きになれず、人と関わりたくないはずなのに、場面場面で違う自分がある。
これって結局、人を意識してるってコトだよね。人に同見られたいかによって、ものすごく行動特性が変わってるわけだから、

人と関わらず、本当にやりたいことだけをする。たった一つの自分になるにはどうすれば良いか。
山奥で自給自足でもするか・・・ひきこもるかしかないかな。


にほんブログ村 その他日記ブログ 社会不適合者日記へ
にほんブログ村
posted by かのぴ~ at 02:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする