2019年10月21日

人はなぜライフログをとるのか

ライフログって結構流行ってるよね。

軌跡データ溜めてったり、心拍数や移動距離のデータ蓄積させたり。
それ、なんになるんだ?と思うけど・・実はボクもやってる。

Mappingっていう軌跡集積アプリ。スマホで通った箇所を塗りつぶしていくという・・・Screenshot_2019-10-21-00-02-09-13_f55064a6683c4001633ca5da2dd8c99d.png

あとは、ランニングの記録にNike Run+ってのも。


ランニングアプリのほうは、自分のトレーニング目的で、タイムを計りつつ走ってペース維持したり、月間の走行距離記録してオーバーワークや練習不足を防止するのに使うわけだけど、軌跡ログのほうは全く実用になってない。

別に、誰かに見せるわけでもないし、誰かにとって価値があるわけでもない。

考えてみたらライフログって基本的には無価値だよね。

アイドルじゃあるまいし・・いや、仮にアイドルだったとしても、どこに行った、とか知ってどうする?

そう思ったボクは、一回このMappingを辞めてみたんだけど・・なんか気になる。
初めて行ったところなのに、その記録がつかないことが、何か損したような気分になるんだ。


こんな、自分の人生をスタンプラリーにするようなモノのどこにそんな中毒性というか、依存性があるのか理屈は良く分からない。
でも、なくなってしまうと寂しいというのは、人にはどこか、自分を記録して残しておきたいという欲求があるということなんだろうな。


自分の子孫を残すべきじゃない、人に影響を与えるべきでもない、そんな考えを持ってるボクでさえそうなんだから・・・普通の人(?)がいろんなライフログにはまるのも分かる気がするな。


もちろん、そうやって取られたログは、誰にも省みられることはなく、破棄されるんだけど。


にほんブログ村 その他日記ブログ 社会不適合者日記へ
にほんブログ村
posted by かのぴ~ at 00:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月18日

コミュ障(NOTネットスラング)

「コミュニケーション障害」、「コミュ障」って言葉がすっかりネットスラング化して、ただのシャイだったり、オタク気質で暗かったりする程度の意味で語られてるよね。

まぁボク自身もこのブログの中で自称「コミュ障」と軽く使ってはいるんだけど。

今回はボクの「コミュ障」の話。



最近、通勤経路にある、あるラーメン屋に入ったんだ。

区営プールで一時間ほど泳いですっかりお腹が減っていたから、少し腹ごしらえしてから帰ろうかと思って。
年甲斐もなく(?)家系。IMG20191016204745.jpg


何回か来たことのある店で、勝手は分かっている。
だけど突然、それは来るのだ。

「あ、何かが違う」と思ってしまう。
すると、ボクのコミュニケーション可能な範囲の世界は極端に狭まる。


店員さんがボクを見ない。

あれ? ボクが店に入ったとき、店員の誰かボクに「いらっしゃいませ~空いてる席にどうぞ」とか言ったっけ?
いや、言った・・・気がする?

店員さんの挨拶なんてどうでもいいことだと思う。冷静にこの記事を書いている今ならね。

でもそれが気になって仕方ない。
ボクは、全うな"ヒト"として扱われているのか?
"ヒト"と話をして良かったんだっけ?

そんなことが急激に不安になってくる。

何度か通りかかる店員さん、ボクは何かが怖くてその顔を見られない。
心の中で、「気付いて」「声をかけて」という願いと、「話しかけられたらどうしよう」、「声が出せないかもしれない」という恐怖とが同居する。

店員さんにしてみれば困った客だろうね。
店に入って、メニューを見たりするけど、近くを通りかかっても知らない顔をするおっさん。


ボクは、店から出たくなる。

どうやって出よう。
何も注文していないから、当然清算は必要ない。

しかし、そんな客はいないだろう。
食い逃げと思われるかもしれない。

そのときに求められる説明はどう考えても不合理だ。
店に入って15分くらい(そのくらい沈黙していたのだ!)座ってたけど何も注文せず(できず)帰りました、なんてね。

IMG20191016204741.jpg
ボクは、どうしたら誰にも気付かれずにこの場を立ち去れるか、と考え始める。

あぁ、冷静になって書いてみるとわけ分からないでしょうね。

自分の意思で店に入り、空腹で、注文しないで、それでいて変に被害者のような心情で耐え、そのうち逃げ出す方策を必死に考え始めるんだから。

ちなみに店に入ってから一言も、誰とも話をしていない。


結局、更に10分ほどしてから、店員さんが調理とレジでふさがっている隙を見て、ボクはそっと店の外に出た。


ボクはこれって自閉症スペクトラム障害なんじゃないかと思ってる。
でも、精神障害の自己診断ほどあてにならないものはないよね。


こんなんで社会生活送れないだろうって?

別に常時そういうわけじゃないんだ。
ボクの「コミュ障」はものすごく二面性がある。


きっと、同じようなタイプの人、いると思う。
出会ったことはないんだけど。

ま、そりゃそうか。
同じタイプの人が二人いても、そもそも共通理解を得られるようなコミュニケーション取れないからね。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村
posted by かのぴ~ at 00:00| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月16日

試験がエライ国

ボクは資格マニア。
study_gariben_boy.jpg

キモい趣味なのは自覚してる。

一応ポジティブな動機もあることはあるんだ。

学習自体が面白い(こともある)し、法務なんてやってると意外なところで役に立ったりする。
いろんな規制がかかってるからね、この国。


けど、暗~い動機もある。というかそっちがメイン。

それは、資格制度の矛盾とマヌケさをからかって遊ぶってこと。
ペーパーテストで地位を与えることの虚しさをおちょくってやりたい。

制度の運営側も、受けるヤツもどっちもろくでもないよ。


資格者を要求するってことは、その業務を一定の能力のある人にやらせないと危険だ、というのが一応の建前。
だけど、ちょっと参考書で勉強してとれちゃう資格もあるわけだ。というか、一部の難関以外はたいていそんなもんなの。

基本的にボクは通勤時間しか勉強しないから、ボクのとった資格ってのは基本的にみんなそんなの。

民間の自己満足資格じゃなくて、独占業務や名称独占のある国家資格でだよ。
(ボクは基本的に国家資格と公的資格しか取らない)


資格取れても、どう考えてもそんな業務できないのに、本職の人が勉強して取る資格を、全然関係ないボクがひょいっと取ってしまう。

実務経験も、知識も、そしてやる気さえもないボクに簡単に資格を与える政府も愚かだし、その程度のものを取れなくて困る受験者もマヌケだ。

誰のためにもならない試験が存続し、続いていく。本当にそれが必要でやる気もある人を差し置いても。
・・なんてバカバカしいことか。


これが高じて、いかに試験の内容の本質に迫らずテクニックだけで回答して試験にパスするか、という遊びになっていく。

どうだ、イヤな奴だろう。

資格マニアなんてやってるヤツは基本的にみんなこんな感じだと思う。
底意地が悪く、制度そのものを小馬鹿にした性格悪いヤツばっかりだと思うよ。


そんな能力ゼロ、やれと言われても全く手も足も出ないけど、法的には資格がある者の中には、かなり危険なモノもある。

危険物取扱者。
甲種(危険物系の最高位)まで持ってるけど、消火方法とか取扱いとかさっぱりわからん。

一般毒劇物取扱者。
性状、解毒剤、保管方法どころかもはや毒物・劇物指定されている品目さえわからん。

火薬類取扱保安責任者。
爆薬も火薬も殆ど見たこともない。花火の黒色火薬くらいか。
でも資格上はTNTでもダイナマイト(生産中止だけど)でも取り扱える。


良いのかねこれで。

ま、ボクは楽しいから別に良いし、免許・資格制度がいい加減で、そのせいで誰かが死んでも別に知ったことじゃないんだけど。

ボクみたいなヤツが試験を荒らして、難易度上げたりして、本職の本来資格を得なきゃいけない人が合格できなくて、仕事内容が制限されて・・そのうちだれもその仕事やる人が居なくなって・・というその職域自体を崩壊に導く害虫になれたような気がしてとても良い気分だ。


世の中の真面目に仕事してる測量士さん、行政書士さん、海事代理士さん、宅建業さん、貸金業さん、旅行業に教師に・・・(以下略)ごめんねww


はいはい、どーも
すみませんでした

/⌒ヽ⌒ヽ
(⌒) 人 i\___
ヽ \   / ー ー\
|\ \ / (●) (●)
| \ |   (_人_)|
| | 厂\   `⌒′/
| ) )  \___/
| ||
| ||
(_人_つ


にほんブログ村 その他日記ブログ 社会不適合者日記へ
にほんブログ村
posted by かのぴ~ at 22:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする