2019年05月31日

二次元コンプレックスは逃避なのか

ボクは二次元が好きだ。
ズリネタはほぼ常に二次元である。

だって、三次元って面倒だし臭いしなんか汚いじゃん?
(注:40代のブサメンおっさんの発言です)
qZeTpaaVkZ6Vp6Y.jpg

よく、二次ヲタやってると、三次元から「逃げた」とか言われるけどさ。大嫌いなんだよね、それ。

「逃げる」という言葉はすごく短くて端的なのに、その背景にいくつかの前提を含んでいる。

つまり、
①「逃げる」場所/コトは当然しなければいけないことである。
②「逃げる」ことはそれを放棄する悪であり、恥ずかしいことである。
という前提があるんだ。

で、この大事な前提を直接的に言わないで、事実や意思を確認しようとしているだけのような体裁で、反論を避けつつ質問風の強要をする。
それが「逃げるのか?」なんだ。

ボクに言わせれば、「逃げるのか?」なんて言い草こそが逃げてる。
本当にやる必要があるのか、自分の意思を持って説明し、説得することから逃げてるんだよ。

だから、「逃げるのか?」というのはとても卑怯な言葉だと思う。


ブラック企業で、サービス残業を強要される、自腹切ったノルマ達成を求められる、異常な業務負荷だ。
「辞めます」って言うよね、普通は。

社長が言うんだ。「逃げるのか」。


宗教団体。お布施は求められるわ勧誘ノルマは厳しいわ、教祖は何言ってるやらわからない。
「辞めます」っていうよね。

信者が言う。「逃げるのか」。


ボクは、こういう不誠実で恥知らずな責任転嫁をする人間を信用しない。

いくらでもあるよな。

友達を作らないのは「逃げ」だ。
学校に行かないのは「逃げ」だ。
就職しないのは「逃げ」だ。
会社を辞めるのは「逃げ」だ。
結婚しないことは「逃げ」だ。


もうね、うるせぇよバカ野郎、くらいしか返す言葉が見つかんない。

人間には、自分の行動を自分で選択する自由がある。
例えそれが周囲から見て愚行であってもだ。

そもそも、誰かの行為が愚行かどうかを決める権利なんて誰にもないんだよ。

何故そうしなければいけないのか、考えることも説明することも放棄してる低能の分際で、人の選択に口を出すべきではないのだ。

誰かが当然のごとく前提にしている価値は、他の誰かにとっては価値がない。
する必要がないと思うからしないんだよ。

そんなもの、近代社会の基本の基本だと思うんだけど。


盛大に話がズレまくっている。
二次元の話するんだった。


何が言いたいかと言うとね、二次元が好きなのは、二次元が魅力的だからだ。
その方が勃つからだ。

それだけだ。

三次元を「諦めた」のでも、三次元から「逃げた」のでもない。

ボクを敗残者扱いする権利なんて誰にもない。

ほら、二次元のなんと活き活きと美しいことか。
700x442x7c56050faa9230d1b4bbe7c5.jpg

それにホレ、ツインテールとかさ、三次元でやってるとイタいよね。
1_s9ndferhwn8.jpg

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ ひきこもりサラリーマンへ
にほんブログ村
posted by かのぴ~ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月29日

無敵の人

ずいぶんと衝撃的な事件が起きたものだ。
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20190528-00000127-jnn-soci
jinujk.JPG

小学校"お受験"なんて全く縁のないボク(そもそもド田舎なので、町立小学校しかない)は、カリタス小学校と言われてもなんだかわからないんだけど・・要するに金持ちボンボンのエリート校なんだな。

これ思い出したよ。


宅間「あははははははは!ほんまおもろい!ワシは死ぬことびびってないで。
遺族にはなにもできへんし最高や!

世の中どんなに金かけてもワシに一瞬にして殺されれば勝ちも負けもあらへん!
世の中は公平やない!

わしは世の中の不条理をあのくそガキにわからせてやったんや。

ワシみたいにアホで将来 に何の展望もない人間に、家が安定した裕福な子供でも
わずか5分、10分で殺される不条理さを世の中に分からせたかったんや、世の中
勉強だけちゃう ぞ!、とあのくそガキに一撃を与えたんや、死ぬ前に世の中の厳
しさが分かっ てよかったな、感謝せいよ。

ワシはいままで散々不愉快な思いをさせられて生きてきた、でも、今日は、ほんま
ワシは気分がええわ。

ワシを悩ませた糞親にも嫁の家族にも迷惑かれてな!親戚に守がいますなんて 千年
たってもいえへん な!こんなケッタイなおっさんに一瞬や!

ぶすぶす事件は、ほんま!、おもろ い!、ほれでも、ワシはまだ満足はしてないで!」



付属池田小事件の宅間守の発言ね。


これは鬼畜発言とか、狂気とか言われてるけど、ボクはここに何か自分と同質のものを見る。
そして今回の事件にも。

恵まれた環境で育った、善良な良い子、何の落ち度もない完璧な被害者。
それを50過ぎのおっさんが無差別に殺す。

さぞかし世の正義大好きな(特にネット民)面々は気持ちよく犯人を叩くでしょうよ。

「メディアは被害者の情報を流すな」って?
そりゃぁ流すでしょうよ。

被害者が善良で、優秀で、感動的なエピソードを持っていればいるほど、「それに引き換え...」と加害者を更に気持ちよく憎めるからな。
そういう悲劇を一時の楽しみとして消費したいっていう視聴者は、メディアに見透かされてんだよ。

そのゲスさに気づきもしないで、被害者情報を見聞きして、犯人憎悪オナニーをたっぷり楽しでおいて、その上メディアは被害者情報を流すな、なんてのは、オナニーしたあとオカズに使ったエロ本の出版社に出版道徳を要求するようなもんでしょう。


犯罪に対する怒りの声、時に残虐な刑を求める声。
こんなもの、オナニーと一緒だ。
自分にとって都合のいい状況を夢想しながら、絶対に反撃されない状況で自分に酔いしれ快感を貪っている。


けど、ボクは全然そういう気になれない。

何故って、自分はどう考えても被害者よりも加害者側に近い人間だと自覚しているから。

善良で何の落ち度もない子供やその家族は、そりゃぁさぞかし突然訪れた悲劇だと思ってることだろうね。

でもね、善良で優秀な良い子はそれだけで、社会の不公正を少しづつ集めて、その地位についているんだと思うんだ。
だから標的になるの。

もちろん、被害者だけじゃない。
誰もがそういう側面を持つから、誰もが被害に遭いかねないの。


金持ちはいつまでも金持ちにとどまり続ける世の中で、自己責任を押し付けられて、抑圧された人がいる。
そうした中で、自分の努力や実力を信じて疑わない無自覚な善人たちに反撃したいと考える人は、このままではいつまでも出現し続けるだろう。

ボクは、その被害者になるかもしれないし、加害者にだってなるかもしれない。


宅間の発想は、だからボクのそれとかなり似通ってると思うし、どこか魅力的に映る。


宅間(引きづられなから)「おい、くそガキの親!おまえらのガキの8人分の命はワシ一
人を殺して終わりの程度の価値やったんやぞ!

エエ学校に行かせて偉そうにしとったから死んだんや!

ガキどもが死んだ原因はおまえらあるんや!

せいぜい一生反省せいよ!

あの世でもおまえらの子供しばき倒したるからな!

あははははは!あははは!こらおもろい!」



多分これ、分からない人には全然わからないだろうな。

「一生懸命努力して、お金を稼いで、家庭を築いた。何が悪いの!?」

みたいにね。

一生懸命努力して勝ち残る戦いで、どれだけの人を蹴落とした?
その土俵にすら上がれない人を少しでも省みたか?
その戦いの前提条件は公平だったと思うか?
お金を稼ぐとき、その地位に物を言わせて、負担や嫌なこと、理不尽、損失を他者に転嫁しなかった?
あなたがしていなくても、あなたの属する国、会社、組織、資格制度・・それらはみんな公平性をゆがめていると思わないか?

あぁ、もちろんだから金稼いだりすることをやめろなんていわないよ。

そこで蹴落とし、侮り、見下し、押し付け、踏みにじってきた人のことに想像も働かず、善良ぶるってるうちは、この種の犯罪を理解はできないだろうってだけ。

あぁ、わかる必要もないだろうけど。

おそらくこれからも被害者はずっと、「理不尽に命を奪われた」と思い続けることでしょう。
そして、社会の理不尽さにこれっぽっちの当事者意識も感じずに居続けるんでしょう。

"自己責任"が次々と人を壊しながら、誰も居なくなるまで悲劇は続く。
突然の殺人という実力行使は、抑圧した人たちに残された数少ない復讐の手段なのだから。

にほんブログ村 その他日記ブログ 社会不適合者日記へ
にほんブログ村
posted by かのぴ~ at 00:08| Comment(7) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月27日

人生に挑戦は大切だ~夜行列車オ●ニー

性交・・じゃなくて成功しました、寝台特急オナーニw
*オ●ニーはコメント欄ではアウトだけど、本文ではセーフらしい。 どうなってるんだSeesaa blog!

ソロの上段で締め切って・・P1470675.jpg


新宿で買ったえろ漫画、「オナアシ」。IMG_20190525_214545.jpg

ボクのオナアシしてくれYo!www

ちなみに事前のシャワーカード調達もOK!P1470678.jpg

窓全開にしても、所詮は中国地方のド田舎沿線、山陰本線~伯備線も開放感たっぷりでシコれるわけですよ!

途中、あっ、出すところ考えてなかった・・あぁ・・でもその不安感もまたキモチイイ・・みたいな変な感じになってそのままイった。

いつもと違う状況に興奮したのか、普段あまりないくらい勢い良く飛んだんだけど・・危うく天井付近まで湾曲した窓にかかるところだったよw

で、シャワー。P1470686.jpg

ティッシュも何も用意せずに、そのまま真上に打ち上げて、そのまま落ちてきた精液がお腹についているのをそのままにシャツを着てシャワー室に移動。
手についた精液を流して、シャツを脱いだら・・・脱ぐ途中、シャツの内側についていた精液が自分の顔に・・・うぐふぅ・・w


とまぁ、イロイロ不便だしなんか汚い気もするけど、高速(多分100km/hくらい)移動オナーニを実現したのであった!

やっぱり人生、挑戦する心を失っちゃいけないよね。

掃除の人、ゴメンよ・・。
一応ちゃんと部屋内は拭いた。


ま、そんなモン気にしてたら夜行寝台とかムリだよな。

こういうこともあったし↓
srsji.JPG


にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間へ
にほんブログ村
posted by かのぴ~ at 19:52| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする