2019年04月21日

「退屈」と「飽き」が人生の本質じゃないか

人間のいろんな感情の中で、「飽き」とか「退屈」というものが本質的で最強の感情じゃないかとボクは思う。

個人差はあるけど、
どんなに激しい喜怒哀楽も、「飽き」の感情には勝てない。
どんな感動も絶望もいつか忘れて、感じなくなる。

どんな感情も時間には勝てない、とも言えるかもしれない。
時間がもたらす感情は「飽き」で、訪れるのは「退屈」。

他のあらゆる感情を塗りつぶす虚しさ。それが「退屈」だと思う。
だからボクは精神の本質は「飽き」にあるんだと考えるようになった。



仕事がないのが辛い?
じゃ、勤め先見つけて毎日会社行くか。まぁ10年持たず飽きるよそんなの。
会社は飽きさせない為にローテーションとかいろんなこと考えるでしょうけどね。

仕事が退屈?
じゃ、家にこもってダラダラするか。そんなもの、下手すれば一日で飽きるよね。

死にたくない?
じゃ、永久に生きるか。ひたすら今と同じような日常が続く生が続く、それは平坦な地獄。
生きながら波乱万丈な戦乱でも経験するか?
それさえも飽きると思うな。そのうち、「これ、勝ったからって何なの?」って思うようになるんじゃないかな。

ボクは転生なんていう非科学的なものは信じてないけど、仮に人の生が何かの繰り返しだったとして。
例え生まれ変わる度に記憶を失ったとしても、虚しさを感じない?
生まれては死に、生まれては死にを永遠に繰り返すとしたら。恐ろしいほどの空虚を覚えないか。


人間の様々な活動は、「退屈」しないためにあるんじゃないかな、と考えることがある。
もちろん、他にもいろんな仮説は成り立ちうるんだけど。

生存を確保するだけだったら、衣食住があれば良い。
それでは「飽き」るから、より美味しいもの、多種の食べ物を求め始める。
より広く、眠る以外のこともできるような住居を求め始める。
寒さや外傷を防ぐだけでは「退屈」だからいろんな色彩や素材を考える。

ただ食べて寝て生殖してではつまらないから、最低限生きることに必要な範囲を大幅に超えて蓄財する。



そう思うと、新しいことを始める気にもならない。
会社と家の往復をして、たまに銭湯に入る。

週末、寝て過ごす。それも虚しいけど、かといってどこかに行く気にもなれない。
いろんなことに飽きて、無感動になった気がする。

もしかしたら、生きること自体に飽きたのかもしれないな。

考えてみると、死って救いだよね。


で、結局この記事は何が言いたいかって?

ひきこもりの仲間達へ。
安心しろ、人生やこの世に退屈して、鬱屈してるのは別にひきこもってるからじゃない。

仕事したってしなくたって同じだ。

・・ってこと。

にほんブログ村 その他日記ブログ 社会不適合者日記へ
にほんブログ村
posted by かのぴ~ at 01:54| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする