2019年04月12日

綺麗な金の使い方をしたい

ボクは金の使い方がヘタだ。

たとえば、220円のバス代をケチるために、30分かけて歩いたりね。
時給換算したら最低賃金以下だ。

定期券を買ったときに、何回乗ったら元が取れるかなんてバカみたいなこと考えたりね。
(休みが多い月は定期券買わなかったりする)

もちろん、ひたすら金を溜め込むというわけでもない。
趣味はあるし、クルマやバイクを持っている。

けど、その趣味の中でも、妙にケチるのだ。
バイクなんて完全に嗜好品なのに、妙に燃費が気になったりね。

バイクで旅にでて、泊まるところケチってネットカフェで寝たりね。

なにか、どこか中途半端。


ヘタって言うのもなんだかへんな言い方だし、じゃぁどんな使い方が上手いのか、というのも良く分からないんだけど。
少なくともボクは気持ち良く、あるいは有意義に金を使えていないと思う。

心理的に、金を使う場面で妙な罪悪感のようなものを感じてしまうのだ。
罪悪感というほど強くはないか。うしろめたさや不安というべきかな。


社会不適合者のボクは人より路頭に迷う可能性も高いし、将来への不安だろうか。

でも、結構本気で「まぁ別に死んでも良いか」と思ってもいる。将来も何も関係ない筈だ。

この矛盾は何だろうか。


かくして、人生に執着していないはずなのにかといってぱっと金を使ってしまう刹那的な生き方もできない、酷く中途半端でうそ臭い人間があるわけだ。



絶対に他人には言わない言葉なんだけど、これがいわゆる「育ちが悪い」ということなんだと思う。

有意義で、自分を豊かにする金の使い方が分からないのだ。
数字の多寡でしかものが見えず、必要なもの、良いもの、持つべきもの、使うべきものをきちんと判断できないのだ。

いい歳になって、収入は増えて、生活費が全く気にならなくなったはずの今でも、そんな行動を繰り返している。


世間では浪費癖が一種の病気(買い物依存症とか)として認識されているようだけど、この病的なケチ差には何か病名はつかないのだろうか。


ともあれ、最近は努力している。

でも、所詮は付け焼刃。

贅沢するって言っても、せいぜいコンビニで高いデザート買うとか、そんなモンなんだけどね。

最近はもちもち白たい焼きが・・結局ショボいな。

posted by かのぴ~ at 00:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする