2019年04月17日

世界一冷たい国を支える自己責任論

ボクは自分を引きこもりと紙一重だと思っている。
(なお、ボクはコミュ障なので、引きこもりにはなれても、ニートにはなれないと思う。親や他人に頼ることができないから。)


引きこもるシナリオはいくらでも考えられる。

小学生の頃、いじめを苦にして引きこもったら。
それだけで学習は遅れ、連鎖するように、簡単に落ちこぼれていっただろう。

高校受験。中途半端な成績で受けた公立進学高校に落ちていたら?
それこそ挫折感とともに、モチベーション落として引きこもるか、地元のヤンキーの仲間入りか。いや、それすらできないだろうな。

大学受験。ダラダラしつつも偶然受かった国立に入れなかったら。
(親は私大進学などおそらく許さなかっただろう)

氷河期真っただ中の就職活動。
エントリーしまくり、落ちまくったあとで偶然拾ってもらえた会社がなかったら。その会社が、中小ブラックだったら。



考えてみると、ぞっとする。

「若い頃に戻りたい」なんて夢想を口にする人もいるようだけど、ボクはまっぴらごめんだ。

小学生くらいからやり直しなんてさせられたら、引きこもるか気が狂うか、犯罪者か・・としか想像できない。


今のボクは親と絶縁し、友達はなく、結婚もせず(しないのではなく、できない)、何の目的もなくただダラダラと死ぬまで生きるだけだけど、それでも相当に運が良かったのだと思う。

人と比べてではなく、自分自身のあり得た未来に比べて。

だからボクは安易な自己責任論には絶対に賛同できないのだ。



ボクは引きこもりや貧困について、「努力しない本人が悪い」、なんて単純な自己責任論を聞くとぞっとするし、それを気軽に口にする人を軽蔑する。

自己責任を口にする人が、何度やり直してもまともな社会生活を送れる能力を持つ人なのだろうか、疑問だ。

運の要素、環境の要素によって助けられているのでは、なんて程度の想像力もない人というのは、どちらかというと愚かで傲慢な人間であって、むしろ普通よりも落ちこぼれたり嫌悪される可能性の方が高いのではないか。

たまたままともな生活が営めてしまって、その偶々の結果を守りたいがために、結果は努力と因果関係があるに違いない、だから再分配なんかしなくて良いと主張しているだけのことではないか。

偶然要素の強い人ほど、公平な社会になられたら困るからね。
偶然、分不相応に手に入れた自分の取り分が減り、分不相応に冷遇された人にその利益が回るからね。

もしかしたら、その種の自己責任論者は必死に自分に言い聞かせているのかもしれない。
自分の今の生活は自分の努力によって正当に得られたものに違いない、って。

にほんブログ村 その他日記ブログ 社会不適合者日記へ
にほんブログ村
posted by かのぴ~ at 01:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月15日

サボることさえも中途半端

たまに仕事で外出する。
今週は池袋にある某法律事務所へ。


そうすると、ダメ人間的にはサボりたいよね。
オフィスに戻らなきゃいけないんだけど、なるべくこの誰の目も無い状態を活かしたい。

池袋・・西口。池袋北口に程近い。
北口といえば風俗街のイメージ。

勤務時間中にそういうことするってなんか良いよね。
そんな妄想を楽しむんだけど・・・ボクにはそれを実行に移すほどの度胸は無い。

昼から就業時間中に風俗店に行くには、相当の胆力(?)が要ると思う。
バレる可能性はきわめて低いと思うけど。

下手すると本屋で立ち読みするよりももっとバレる可能性は低いだろうな。


それでもできないのがこの小心さ・・・情けない。


が、ダメ人間であることには変わりなく、やっぱりサボりはする。
池袋の反対側(東口)に回って、同人ショップに立ち寄ってエロ同人誌を購入、それを鞄に入れたまま訪問先へ・・。

IMG_20190409_123400.jpg


サボりたい、けど大胆にサボることすらできない。
善人じゃないけど、かといって派手に儲けるような悪事をする度胸もない。

我ながら小さい人間だと思う。

きっとこんな感じで死ぬまで大きく当てることも、大きく道を外れることもなしに、でも、じわじわと「普通」からはずれて行って、孤独に死を迎えるんだろうな。
最後のそのときまでぼんやりと。

これだったら反社会的勢力で生きるか死ぬかやってる方が遥かに生きた実感があるかもしれないな。

posted by かのぴ~ at 22:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月14日

低評価も、高評価も、怖い。

社会人には「評価」がついて回る。


評価で収入が変わってくるからみんな必死だ。

日本語の「サラリーマン」と言う言葉が、ほぼbrown-noserと同じ意味になってるあたり、いかにも日本らしいね。

評価が客観的ではなく、評価者好き嫌いによって歪められていることを前提にしてるわけだ。
その現状を肯定しつつ、でもそれに乗り切れなくて、率先して流れに乗るヤツへのやっかみをこめて「あいつはサラリーマンだから」なんていったりするわけ。

気持ち悪い。

「サラリーマン」も気持ち悪いし、「あいつはサラリーマンだ」なんて言うヤツも気持ちが悪い。

だからボクは評価と言うものを気にしないようにしようとしてきた。
いや、単に面倒くさかっただけなんだけど。

飲み会で率先してエラい人にぺこぺこして回るようなことはしないし、二次会なんてもちろん行かない。

職場でゴルフとかバカバカしい、もちろん行かない。



こんな感じなんで、会社での評価は・・・別に悪くも良くも無い。
けど、ボクは結局評価されること自体がイヤで毎年この時期(年度末や半期末)は気分が悪い。


誰であろうと、自分を評価なんかして欲しくないし、その理由なんて聞きたくも無い。

最近は流行なのか、自分で目標設定して達成度を自己評価してそこに上司が評価して・・・みたいな茶番やってるけど、それも白々しいんだよね。
いかにも自分の意思で、自ら目標を立てて、自主的にやってますみたいな体裁取るのって、結局組織の責任逃れじゃない?

自分でやれっていったんだからやれよ、ってね。
会社は別にそこまでやれとは言ってないよ、ってね。


そんなわけでボクは評価そのものがイヤだし、高評価も低評価も結局嫌悪感しか感じない。


限られた数の人間の中で、劣等感や優越感を煽って組織に従順な人間をえらくすることで成り立つ社会って、いずれ破綻するよね。
もちろん、破綻する頃には自分は定年、関係ないさ・・ってみんな思ってるんだろうけどさ。

いつ来るか分からないよね、そんなの。


幾つかの国、幾つかの会社を経験してるだけど、日本の会社は特にこれが酷いような気がするな。
会社だけじゃなく、役所や政治の世界もね。


何で日本に生まれちゃったかね。
ま、いつまでも日本に居るとは限らないけど。

ネシア語もうちょっと勉強しておこうかな。

にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間へ
にほんブログ村
posted by かのぴ~ at 23:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする