2019年12月07日

行列を作ること

ここしばらく、出張で公共交通機関を使って移動する機会が多い。
そしてどこでも人混みに出くわす。
nM6MQbFQ.jpg
もうそれだけで何もかもどうでもよくなって、家に帰りたくなるんだ。

なんで指定席の車両に乗るのに行列作るの?なんで優先搭乗順があるのに並んで待つ必要があるの?

まぁ人の行動としてはどうでもいいんだけども、自分も尾の車両や航空機を利用する場合、否応なくその中に入って並ばなきゃいけないのが堪らなく嫌だ。そして多分、みんな同じように嫌がりつつも並んでいるんだと思う。訳が分からない。
誰もが嫌なのに、誰もが空気に従って嫌なことをするという。

別に乗車や搭乗が始まるまで、用意されたベンチなりに座ったりして待ってれば良いじゃない。指定席で、遅く席にたどり着いたことでどんな不利益があるというのか。なんだろうね、この行列根性。


同僚何人かに聞くといくつかの仮説が出てきた。

早く席に座ってのんびりしたい説。

電車なり飛行機の席は外のベンチより良いから、早く座りたいんだ、と。
うーん・・・・一定の説得力はある気がする。

空港のラウンジのソファで座って待ち、搭乗時間直前に搭乗口まで行って、優先搭乗ですぐ乗る人はそのパターンかも。並んでいる客は、ラウンジ使わない(使えない)替わりに、少しでも早く搭乗して柔らかいシートに座りたいと。

分かる気もするけど、ちょっと合理的な判断じゃないよね。並ぶか並ばないかで着くさなんて数分程度。
その数分の座っている時間のために10分、20分と立って行列作って待つのなら、硬くてもベンチに座った方が良いんじゃないかな。


ベンチが足りないから、並ぶしかないんだよ説。

みんなが座るとベンチが足りない。だからどうせ立ってるくらいなら並んでおいて早く座ろう、という説。新幹線はこれかもね。
ボクは行列に並んで行動が制約を受ける(やっぱり飲み物買いたくなったとか)のは嫌だけど、どうせ立つなら並んでても同じという発想はあるかもしれない。特に準備万端で、もうあとは乗るだけの人にはね。

でも、航空機はどうなんだろう?座るところ足りない空港、あんまりないんじゃないかな?カトマンドゥだったかな、ほとんどベンチなくて驚いたことはあったけど、日本ではあんまりないよね、そのパターン。


どっちの説が正しいか、それともほかにも何か理由があるのかわからないけど、どっちにしてもセコい話だよね。バカバカしいと思いつつもそれに乗らなきゃならない。
世間そのもののような気がするんだよ、これ。

あぁもう出張行きたくない・・・来週もあるけど。
移動時間が短くて忙しないんだよな、国内出張って。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村
posted by かのぴ~ at 07:49| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月06日

【下ネタ注意】先端が乾いて擦れて痛い話

ボクは今、重量型・大型オナホを持っている。

こういうやつ。



ただ、コレ似てるんだけど違うんだよなぁ・・大きさが。もっと大きめ。IMG20191204231543.jpg

まぁそれはともかく、このロリいな造形が結構気に入ってて、たまに使う。
けどね・・非貫通型(穴が先端で閉塞していて、筒状になっていない)なんだ、これ。

ローションを流し込んでも、当然空気が抜けないからうまく奥までローションを塗ることができない。
仕方ないからティムポの先と、周りに塗ってねじ込むんだけど・・先端(穴の奥)はどうしてもローションが薄くなっちゃうんだ。


そうするとね・・・先っぽが水分というか潤滑不足で、擦れるんだよこれが。
で、ちょっと痛い。

根元の方はぬるぬるで気持ちいいのに、いちばん快感を得られるはずの先端が潤い不足。

仕方ないからいったん抜いて、奥までローション入れようとするんだけど、やっぱり入らない。
ティムポの先っぽに塗りつけて挿入しても、奥にたどり着く前に膣壁にこそげ取られて、最奥では結局潤いが不足する。

これは大型オナホの構造的、そして致命的欠陥なんじゃないだろうか。

大型据え置き型で貫通式、どこか出さないものだろうか。

にほんブログ村 その他日記ブログ 社会不適合者日記へ
にほんブログ村



posted by かのぴ~ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月02日

不在予告(2)

火曜からしばらく出張なので不在です。
更新しばらく止まりますが自殺してないです。

いや、気が向いて出張先で死ぬかもしらんけどな・・・。


今回は西方面に、数日ほど。

以前も書いたけど、ボクは飛行機が嫌い

でも、さすがに中四国や九州は、新幹線だと5時間近くはかかるし、出張で行く以上、空路移動は避けられない。

都市の中心から離れた空港まで移動して、チェックインして、狭い機内に押し込められて、待って、待って・・・荷物をピックアップするのをまた待って、また僻地から都市部に向かって・・・。

考えただけでうんざりだよ。
今からすでに気が重い。


どっちにしろダメだこりゃ。
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村
posted by かのぴ~ at 22:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月01日

俺TUEEEに異世界転生にハーレムに

最近また、二次元趣味が復活してきた。

もともとエロは継続的に二次元成分多めなんだけど、一般向け二次元はさすがに大人になったのか(人生半分過ぎとりますが)、あんまり読んだり見たりしなくなってきてたんだ。けど、最近若干時間に余裕ができたおかげで、少しメジャーメディアの漫画、アニメ、小説に触れるようになった。

しかしね・・IMG20191022162032.jpg

異世界転生+和製RPG的ファンタジーみたいなのが乱立しまくってるんだね。
で、設定バグを使ってその世界で大活躍(活躍の中にはハーレム形成も含まれる)みたいな。

中には、劣等生とかクビになったとか無能とか銘打ちつつ、実は何らかの圧倒的な能力をもった主人公に逆転劇を演じさせ、解りやすいイヤなヤツを圧倒的な力で叩きのめして快感に浸るようなのも出てきたりする。どれもこれも同じようなものでタイトルがいまいち覚えられないんだけど。

いつの間に、日本語のオタクコンテンツはこんなことになっていたのか。
浦島太郎的な気分で見てるんだけど、今のオタク達はこれを異常と思わないんだろうか。


なんでこうなったんだろう?

ボクはこれを、コンテンツの終わりだと思ってる。
もう誰もコンテンツを作り出す力を持ってないし、読み解き、楽しむ読者も居なくなったんじゃないか。


例えば世界を語ること。

コンテンツのインフラとして既存の共通理解を拝借するものばかりだ。

平坦に続く、オンラインゲームのような世界が舞台になるパターンとか。
もっとも典型的なのが、ギルドに登録してハンターだか冒険者だかになり、そこから与えられるミッションをクリアして報酬をもらう、を延々繰り返す世界。オンラインゲームの世界、そのまんま。

あるいは、すでに世界の危機が終わったとの、RPGクリア後の世界ってパターン。
魔王は倒され(あるいは主人公自身が倒していて)、起伏の少ない世界。そこで圧倒的な力を持つ主人公が、社会的な制約を受けず、むしろ便宜を図られて活動できる世界。

これらは圧倒的に楽なんだと思う。世界を語ることは難しい。あらゆることを語ることは当然無理なんだけど、ストーリーを理解させるのにあたって過不足なく世界を語るのは、相当な文章力も、構成力も必要だ。

それを回避するのが、「RPGです」の一言だ。
良くある「剣と魔法」の世界ですよ、という過去の積み上げを拝借すれば、簡単に書き始められる。こういうことではないかな。


そして、ストーリーすら必要としなくなっている。

世界観のパターン化は、ストーリーを語るインフラとして機能していると言えばまぁそれもありかもしれない。
けど、ではそのインフラの上で何を語るのか、というと寂しい限りだ。

伏線も必要としなければ、出てくる人物には、動機も意味付けも、主観の変化もない。
あ、ハーレム要員キャラたちの、「恋愛」という動機と意味づけだけは明確か。

ただ設定世界において異常な能力を発揮し、他のキャラクターたちに驚かれ、恐れられ、嫉妬され、尊敬され、好意を向けられる。これだけ。大抵これだけで説明がついてしまう。

揃いも揃ってみんなこれなのは、そもそも誰もストーリーを求めているのではなく、(自分を仮託した)主人公の自尊心を満たすことを求めていると見るべきだろう。

ただ、この表現に一定の難しさはあると思う。読者のこうした欲求にあまりに素直に応じると、その気持ち悪さが隠し切れずに、こういうことになるからだ↓images.jpg

0984.png



そして、そのインフラのプロトコルに従った直線的で単純で、わかりやすい強さ。

暴力の勝敗は、"ステータス"では決まらない。そもそも人や動物の能力値を数値化することができない。そして、見ることもできない。
能力を授けてくれる神もいないし、「ステータス」といえば示してくれる管理者もいない。3b4c5735d4dca814fca54b77a44bdd90.jpg

他人のプレイ動画じゃあるまいし、主人公はこんなステータスです、なんて数字見せられた読者は違和感を覚えないのだろうか。

数字を比較して、圧倒的な優位性をわかりやすく提示されて、読者はカタルシスを得ているのだろうか。
それとも、強さを表現することができない作り手の、「これはRPG」という設定を使ったエクスキューズだろうか。


こんなこと考えるボクは、全然異世界モノを楽しめない。
そしてむしろ心配になる。

こんな、RPGでこんなずる出来たら楽しいだろうな、みたいな設定だけを延々引き延ばしたようなコンテンツに群がる人たちが大発生する社会って何なんだ??

みんな疲れてるんだろうか。


あ、もちろん例外はいくつかある。

「ゴブリンスレイヤー」とかどうよ。
チートじゃないし、異世界転生でもない。若干ハーレム要素が出てきちゃったけど、無意味に(主人公だから)モテるというのとも違う。
バカみたいな数字のステータスなんて出てこない。体力に劣る人間の技術と知識、経験で戦ってたりする。




にほんブログ村 その他日記ブログ 社会不適合者日記へ
にほんブログ村




posted by かのぴ~ at 13:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月30日

ついに脳まで老化してきた

ここ数年、40になるちょっと前くらいから体の老化を感じてはいたんだけど、最近ちょっと記憶力が今一つ。

資格マニア趣味も若干退潮気味で、今年は割と簡単な消防系の資格をいくつか取ったくらい。
それも結構ギリギリだったりね。


今日、帰り道エロ同人ショップに寄ったんだ。
出張長かったし、しばらく二次元でヌいてなかったし。

で、エロ同人誌のサンプルを見ながら、ティムポを(若干)硬くしつつ物色してたんだ。IMG20191129200614.jpg


最近寒いせいで、コートを今日から着始めたんだけど、おかげで勃起が目立たなくて済む、と安心してゆったり選ぶ。ちょっと目にして、「おっ! コレはイける!」と思ったのがあって、「いや待てよ、もっとイイのがあるかもしれない」と思ってやり過ごす、なんてことを繰り返しながら。

何せ財布の中には5,000円しかない。厳選しなければいけない。

一通り商業誌まで見て、先走り汁が若干パンツにシミを作ったころ(それが冷えてちょっと冷たい)、「よし、最初に見たアレと、そのあとのあのロリ系と、あと・・・」とか考えるんだけど、最初の、いちばんイけると思った本が見つからない。

いや、見つからないんじゃなくて、見つけたっとしても気づかない。

あれ・・タイトル何だっけ?? 確か東◇のさと●ちゃんが四つん這いでキモ男にアナ★攻められてたような・・・お尻のラインがタマらなくエロかったんだよなぁ・・あ、これ近い? あ、でもキャラ違う・・。

・・なんてなるの。

そのうち、「いや、もしかしてボクはそんな同人誌見てなかったんじゃないか?」、「いつか遠い以前に見たものと混乱していないか?」なんて考えも浮かんでくる。すっきりしない頭で、それでも探していくと、今度は別の、すでにチェック済みの同人誌が、なんだか以上にエロく感じて、そのままそれを買ってしまったり。


そんなこんなで、最近モヤモヤした気分でえろ本を買って帰ることが増えた気がする。

そうまでして買った本をエンジョイできればまだしもね・・・ボクってなぜか同人誌にせよ商業誌にせよ、お店で物色してる時が一番興奮するんだよね。買って帰ると・・・「まぁ、一応買ったし読むか」みたいになっちゃう。

なんだこりゃ。


これって、多分短期記憶の劣化だと思うんだよね。
家に帰るまで性欲が持たないのは体力の減退かもしれないけど。

歳をとることは悪いことだとは思わないけど、こういうのはちょっと寂しいよね。

にほんブログ村 その他日記ブログ 社会不適合者日記へ
にほんブログ村

posted by かのぴ~ at 00:00| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月28日

物流バイトはやめておけ

ヤマト運輸の暴行動画がニュースになってた。

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20191127-00000021-ann-bus_all
(↑消えたようです)
ymhyt.JPG


これで昔のバイト思いだした。
学生の頃、物流拠点で仕分けのバイトやったことがあったんだ。

いわゆる一発バイトってやつで、夜始まって朝まで、仕分け作業するの。
物流倉庫の仕分けは、一発バイトの案件が多く入るので、定番だった。


初めてやったのは佐〇だったかな・・港近くの倉庫で仕分けをしたことがあった。
コンベアで運ばれてくる荷物の番号を見て、枝分かれしてるコンベアに振り分ける。

たまにゴルフバッグとか家電製品なんかの重いものもあるけど、基本的には小さめのものだったと思う。
パッケージされているので、中に何が入ってるか分からないものも多いんだけど・・・小包みたいな汎用ラインだったんだろうね。

で、ボクはその時「コンベアに流れてくる荷物のうち、特定の番号のものを台車に乗せろ」という指示を受けて、作業をしてたんだけど・・突然、そこの社員かバイトか分からないけど、流れている荷物を掴んでボクに向かって投げつけてきたヤツが居た。

「お前ふざけんなよ! ケンカ売ってんのか?」

突然言われて訳が分からない。

そいつは、手近な荷物をもう一つ手に取ると、再び投げつける。そしてボクはそれを避けたw
もちろん荷物はあらぬ方向に飛んでいき、段ボールの角が潰れて変形した。

「なに勝手に取り分けてるんだ!」「オレが流した荷物全部止めやがって!」と。

まぁ要するに指揮系統の混乱だったんだ。誰がどの番号についてどうするのか、という基本的な業務の指揮ができていなかったし、指示を誰がするか、誰に何を指示したかも良くわからない状態だったってことだね。

この時は初めてだったんでびっくりしたね。
最初は理不尽とも思ったけど、慣れてくると、「あぁ、またか。ハイハイ。」みたいな感じになってくるんだけどね。

これは佐〇だからということでもないらしく、似たような経験は、ヤ△トでも、福■でもあった。

他にも、物流関係はいろいろとショッキングなものを目にすることが多かった。
いずれも一発バイトなんで、恒常的とは言い切れない、と最初は思ったんだけど・・どこも似たり寄ったりなんだよな。
どの会社でも同じようなモノってのは、それはもう業界の傾向なんだろうね。

ボクはこれらの経験から、物流(特に貨物自動車輸送)業界に対してこんな理解をしている。「違う」と思う人はぜひとも教えて欲しいもんだね。


●従業員の質は悪い

 物流は効率を追求するイメージだったし、確かに配置や表示なんかで工夫しているようには見えるけど、現場の従業員の質が悪くてそれに追いついてないんじゃないか。

 伝票の指示を見て、「え~と・・これなんだ?」とか言うので覗いてみたら、「優先対応」という漢字(「優」の字が読めなかったようだ)で引っかかっていた、ということがある。

 もちろん口は出さない。生意気とか鬱陶しいとか言われて目ぇ付けられるからね。この物流センターの効率や正確性がどうなろうと一発バイトのボクには関係ないし。


●荷物の扱いは極めて悪い

 ボクがバイトしたどの会社でも、足で蹴とばすようにしてラインを移動させたり、投げたり転がしたり、箱に余裕があって柔らかいものでも平気で上に荷物を積み上げていた。

 休憩時間には、荷物の上に座ったり寝たりするのも当たり前。それを見咎める人も誰もおらず、当然という雰囲気だ。海外の空港では預けた荷物の扱いが粗いなんてよく言われてるけど、日本ならしっかりしてるってわけじゃないと思う。
 
 日本で違うのは・・・人に見えるところだけはキレイにするってところかな。
 配送窓口で客から預かった荷物を、さも大切そうに受け取るよね。お客さんが見てるから。そんな店員も、集荷時点でもう放り投げてるからね。(集荷もバイトでやったことある)


●冷凍・冷蔵輸送はあてにできない

 冷蔵、冷凍できているのは車の中と物流拠点の中だけ。
 集配店では元々冷凍・冷蔵の受け入れは少ないんだけど、普通に外に置かれている冷凍パックを見かけることも普通にある。そもそも集配店の冷凍・冷蔵庫のキャパが少ないんだ。
 
 物流センターでトラックから降ろされた状態で、放置されてたのを見たこともあったな。
 ちなみにたまに冷凍なの段ボールのものがあって、それをいつものように蹴っ飛ばして移動させようとしたら中が凍ってて痛い思いをしたバカも居たなw



だから、今回のニュースみたいな暴行なんて、ボクは全然驚かない。こんなの、物流屋ならどこでもあるだろうな、とすら思う。
最近の若者は~なんて問題じゃなくて、今まではそう簡単に証拠が取られることがなかったってだけなんだと思うな。

ボクはだからこういう風潮、大歓迎だよ。
バレなきゃいい、証拠はない・・なんてタカをくくって出てこなかったものが出るようになったからね。

圧迫面接、セクハラ、パワハラ、不正行為に隠蔽、どんどんバラすべきだと思うね。

あと、学生、フリーター、ニート諸君。
バイトでも物流はやめとけ。いやむしろやめてくださいお願いします。

こういうクソな環境でも日銭欲しさに我慢するから会社が調子に乗って安い給料と低いコンプラ意識で存続しちゃうんだよ。

このニュース見て思ったよ。
何にも変わっちゃいねぇ。

にほんブログ村 その他日記ブログ 社会不適合者日記へ
にほんブログ村
posted by かのぴ~ at 20:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする