2020年09月23日

国勢調査に応じないこと

国勢調査が来てるね。
kokusei.jpg

これ、なんでやるんだろうね。
統計局は政策に反映するんだ・・なんて言ってるけどさ、誰も信じないよね、こんなの。

どうせ都合の悪いデータが出て来たら目を背けるし、何となれば改竄までする癖に、よくこんな態度がとれるもんだよね。
改ざんしたのは厚労省で、統計局(総務省)は関係ないって?知ったことか。

罰則まで課して収集した以上、情報を改ざんしたり現実から目を背けた政策立案してくれたら罰則を受けなきゃおかしいし、そういう約束のもと統計とるって言うなら協力してやらんこともないかな。

まぁ無理だろうし、どんな約束がされてもどうせ空手形。
そういえば公文書改竄して譴責(処分未満の対応)受けただけで事務次官になったヤツは居たな。
統計手法変えて、労働政策や経済政策の失敗を糊塗したヤツらも居たな。誰も罰せられたないけど。


大体さ、そもそも情報を提供させるときの態度からしておかしいんだよ。
自分が何か知ったり何かをさせたいときには義務を課して、押しかけるように要求するくせにさ、じゃぁそれで困窮状態や公的な扶助が必要だとわかったらお前ら自分から動くのかよ、と。絶対動かない。

生活保護の類や、給付金なんかはもちろん、払い過ぎた税金でさえも、国民に申請を要求してくる。
要求するときは偉そうに、給付する側の時は徹底的に受け身の姿勢を崩さず、「申請したら払ってやる」なんて態度なわけだ。政府も自治体も、自分たちを中世の支配者か何かと勘違いしてるんじゃないのかとさえ思う。

政府が本気で統計を取ろうとするなら、他に正確を期すやり方はいくらでもあるんだよ。

居住地情報や世帯構成なら住民基本台帳から取れば良いし、収入情報なら自営業者は確定申告、被用者なら源泉徴収情報から取れば良い。本人にあやふやな記憶を基に申告させるよりははるかに正確だ。

そんなこともしないで、今のやり方に拘泥して、楽がしたいがために国民側に負担を強いるわけだ。
ご丁寧に回答義務やら罰則に言及してたりする。
==
国勢調査の調査項目は,我が国の人口・世帯の実態を把握するために必要不可欠なものであり,そのため,統計法によって,調査対象者に回答していただく義務(報告義務)を課して行っているものです(統計法第13条)。 また,報告を拒んだり虚偽の報告をしたりした場合の罰則も規定されています(統計法第61条第1号)。
==


要するにさ、国勢調査の目的も嘘だし、情報をまともに受け取ってまともに見るとさえ思えない、そのうえ態度まで偉そう・・と、目的も手段も何もかもクソ。
協力してやるわけねぇだろクズどもが。


いやしかし、それでも「ルールだから」とか言って正義漢ぶる間抜けがいっぱいいるのがこの国のカスなところだよね。

なんかみんな、正義感がぶっ壊れてないか。

弱い者の僅かな不正に怒り狂い。
強いものの影響の甚大な不正に鷹揚に、何となれば同情すらし、不正を暴く者を糾弾しさえする。

狂ってるよ。

にほんブログ村 その他日記ブログ 社会不適合者日記へ
にほんブログ村
posted by かのぴ~ at 22:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月21日

錯覚

チョイネタ。


連休中、バイクでちょっと中部地方走ったんだけども‥こんなロゴつけたトラック走ってた。
img_greenhand.jpg

何の変哲もない、手とハートを組み合わせた図案。
そう、まともな人が見れば。

でもボクは、いきり立ったちょっと短めのティムポに手を添えてるように見えたんだ・・・。
なんというか・・人はその程度と日常に基づいてモノを見るんだなぁ、と。

モノを見るというか、モノを見出すというか・・・w






posted by かのぴ~ at 23:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月19日

皮の話

今まで隠してたけど・・っていうか特に聞かれることもないし、敢えて言う必要もないから書かなかっただけなんだけど、ボクは火星人。いや、仮性人。すなわち仮性包茎。

以下、この記事はおっさんのティムポの先っぽの話なので、興味のない方、嫌悪感を催しそうな方は読まない方が良いでしょう。
ムキムキ体操とかカワイイ話(?)じゃないから!
K10012063061_1909041651_1909041656_01_02.jpg

ボクは仮性と言いつつ、皮が剥けること自体は割と早かった気がするな。
小学校低学年の頃にはすでに勃つと剥けた。但し亀頭の半分程度までで、先端が頭を出していた。

その頃は平常時は完全に皮を被っているので洗ったりはできない。当然垢がたまる。臭う。
もしかしたら、剥けるときにかすかに痛みを感じていたのは、皮が垢でくっついて固着していたかったのかもしれないな。

そんなわけで、ボクの最初期の勃起の記憶は、恥垢の匂いと結びついていた。
なんだかムラムラすると、変なにおいとかすかな痛みと共にティムポが膨らみ、もどかしい。
皮を押しのけて露出した先端は赤みを帯びて、時に先走り汁に先端を濡らしている姿は、蝶の幼虫の出す臭い角(臭角)のようだった。
だからボクは、蝶の幼虫の臭角の写真を見ると、どうしても卑猥なイメージを思い浮かべてしまう。
1061009479.jpg

だから、このころは亀頭に触ろうという発想さえなかった。皮オナ、床オナに走ったのは当然の成り行きだったと思う。
むしろ、皮を被らせていない状態でどうやってオナニーするのか、くらいに思ってたよ。

中学生くらいになると、性徴・・いや、性徴してしまい、フル勃起状態だと皮で包むのが厳しくなってきた。
勃起した状態で完全に皮を被らせようとすると、周りのお腹の皮膚が引っ張られてしまうんだ。

だから、中学の頃のオナニーは本当に苦労した。
亀頭を刺激すると痛かったり感じすぎたりして気持ち良くない。いかに露出した亀頭を保護(?)しつつイン家に刺激を与えるか、床オナのスタイルを維持しつつ試行錯誤した。
まぁオナニーの話はもう書いたから、その辺は省略しよう。このころ、それでもなお平常時は皮被っていた。
この頃から、これが病的であることを認識した。


高校生になって、ようやく標準スタイルになったけど、でもやっぱり皮は平常時余剰。
ケガの功名というヤツで、家が狭いボクは、皮を液だまりとして使うオナニー方法を編み出したりなんかした。まぁ事故も多かったし、今にして思えばすごく汚いけど。housha.JPG
高校生の頃会得したスタンダード型オナニーでは、精液が飛ぶから、それを防ぐために、射精の瞬間皮で先端まで包んで包皮の中に射精する。相当引っ張らないと先端まで覆えないから、イく瞬間グイっと一気に皮をかぶせようとするんだけど、その刺激でイってしまい、勢いよく精液が上空を舞ったこともあったな・・・。


そして、ティムポの成長はここで止まった。
つまり、今のボクの状態は、平常時被ることがある。
フル勃起では完全露出。ムリすればフル勃起時でも被らせることができる状態。

すなわち、火星人。

ただ、平常時でも、ちゃんと向いておけばかなり長い時間(ほぼ一日中)剥けていることも多く、これは仮性包茎なのかむしろ正常なのかが良く分からない。

でもさ、日本人の6割が仮性なんだよねぇ・・・
sirabee20171210hokei1-600x247.jpg

多数がその状態で、かつ特に生活に不自由ない状態って、そもそも病気でも何でもないような気もするよね。
専門の治療医院までできちゃってるけど・・・これほど無駄なこともないような。

カントン包茎ならマズイだろうけどさ。


にほんブログ村 その他日記ブログ 社会不適合者日記へ
にほんブログ村
posted by かのぴ~ at 10:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月17日

Slave

異世界モノは食傷気味と言う人も多そうだし、もうオリジナリティなんてほとんど感じなくなってるよね。
で、正直な感想を書いたのが「以下同文」多発の「最近のなろう系異世界モノに関するボクの感想」なんだけど、もうちょっと細かい話。

最近になってこの種の異世界モノで「奴隷」が扱われることが出てきた。
    


奴隷ってかなりセンシティブな要素だと思うんだけど、それがあっさりと、すんなりと取り込まれるってのもなんかスゴいな。これ多分、国外で翻訳版出せないんじゃないかな。ヤバすぎて。


こうした創作に出てくる奴隷って奴隷であって奴隷ではない・・・ように見えて、その実奴隷以上の奴隷なんだよね。

売買対象で、自由を奪うことができ、無賃金ないし低賃金で使役できる・・といった奴隷風の要素を入れつつ、殆どどの創作物でも、奴隷は自分の意思を持ち、そのうえで主人公に肯定的、好意的で、性的な欲求を覚えさえする。

主人公はそこに付け込んだりすることなく、奴隷を紳士的に優しく扱い、優遇し、望みに応じる。奴隷の出してくる望みはそれ自体が主人公を喜ばせるものであったり、とてもささやかであったりする。

これ、ものすごく気持ち悪い発想だと思う。


元々この種の創作は作者のオナニーを読者と共有するモノが多数ってのは分かってるけどさ、それがどんどんエスカレートして拗らせ切ってるよこれ。

まず奴隷状態で、基本的に自分の安全と立場が確保された状態にしたいって発想がもうね、オナニーの舞台作り感がありありと感じられるよね。その立場を利用して散々凌辱っていうのであれば潔いんだけど、そんなところで止まるならばタダの(ちょっとアグレッシブな)エロい人だし、それじゃタダの成人向けだ。

主人公(≒作者)はそれだけじゃな満足しない。
絶対的に優位な奴隷主でありながら、奴隷に感情を要求する。それも表面的ではなく、心の底から自分に対する肯定的な感情を求める。絶対的な優位で従わせるだけでは自尊心が満足しないから。心まで支配しないと気が済まないから。ごくわずかな内心の抵抗感であっても、拒絶されたら傷つくから。興奮しないから。

絶対的に優位な立場で安心だよ。でも奴隷の側も心から自分を肯定して好感を持っているんだよ。
そういう、作者(=主人公、そして読者)にとって究極に満足する状況を用意しているわけだよね、これって。


たまに、そうした善良な主人公と対比させるために、自分以外の奴隷主を登場させるってのもよくあるパターン。その奴隷主は大抵醜く、酷薄で、奴隷を奴隷として扱う。(当り前だけど)だから当然奴隷に拒絶され、嫌悪されていて、奴隷主は構わずその奴隷を慰み者にする・・・なんて描写が付くこともある。

そんなヤツと主人公は違うのだ。奴隷にも優しく接し、時に言うことを聞いてあげさえする優しく、愛されるべき人格なのだ、と。

なんという気持ち悪さ。

穿った見方過ぎるかって?
いや、そんなことないと思うなぁ。
だって、本当に敵と戦う冒険譚が書きたいだけならば、別にそんな従属は必要ないし、奴隷の反抗だってストーリーのスパイスになるんだけど、どの作者もそうはしないんだ。ひたすら"心からの"服従を描くんだよな。


要するにさ、奴隷モノの多くは、型式的にも、精神的にも、二重三重に好き放題できるキャラを支配したい、そのうえ良い人として称賛もされたい・・それを実現するには奴隷制と言う殆ど現代人にとってのタブーでも利用する、その非倫理性を覆い隠すための技巧を凝らして・・・っていう、ものすごく自分勝手な変態妄想オナニーだと思うんだよね。


全ての下敷きとして「奴隷」があるわけだけど、通常この前提の段階でアウトで、表舞台に出ることはないんだよな、こういう創作物って。
まぁそういうヤバい内容でも書けちゃうのがラノベとかマイナージャンルの良いところでもあるんだけど、マイナーだからこそ、読む側にリテラシーとかバランス感覚とか良識が要求されると思うんだ。

「奴隷」に限らないんだけど、一般的に、肯定的に捉える文脈の中で語るべきではないことってものは確実にあるわけで、そうした一般的な良識を十分理解して、分別をもって取り扱わなければ、そうした表現そのものが無くなってしまう、と良く解っている人たちによって支えられてきた。

そうした微妙なバランスのものを表舞台に次々引っ張り出しちゃってるのが「なろう系」で、マイナーな世界にとどまって存在を維持してるってところを理解しない人にまで届くようになっていないか、ちょっと心配だね。


ボクが望むのは、奴隷モノの18禁化。
そこまで完璧設定なんだったらもう、ヤれよ。ヤっちまえ。
ゲスに、思うままに

良心が痛む?
・・そうだよな。それじゃ良心が痛んじゃうし、安心できないフニャチン度胸無がこういうハーレム奴隷モノ読むんだろうな。

にほんブログ村 その他日記ブログ 社会不適合者日記へ
にほんブログ村
posted by かのぴ~ at 21:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月16日

Anti Smartphone

最近はスマホの普及率は非常に高く、もはやPC代替みたいになってるよね。
家にPCないけどスマホはあるって人も多いんじゃない? 

Webブラウジング、メール、ゲーム。家のPCでする大抵のことはできると思う。

でも、スマホって閲覧したり受け取ったりする道具であることが大半で、消費しかしてないケースが多いんじゃないかと思うんだ。専ら消費するためのツール、それがスマホ。

スマホでも書き込みしたり、創作したりしてるって考えもあるかもしれないし、PCのOSだって用意されたプラットフォームだという本質は同じだと思うかもしれない。けど、自由度が全然違うと思うんだ。


そもそも、スマホのハード&ソフトの発想からして、この自由度の差が伺えると思う。

OSってのはそもそも、ハードウェアを直接コントロールするハードルを下げるためのものだから、ユーザーの自由なコントロールは補償しないのが本質的にはあるんだけど、スマホのOSってそもそもハードウェアの存在そのものを感じさせないレベルまで洗練(?)されちゃってるの。

PCのOSだったらハードディスクを直接参照に行けて、ディレクトリ構造を見られるし変えられる。コントロールできる範囲はシステム構成ファイルまでも含まれ、変更さえ可能。マクロのような簡易なものから、高級言語のプログラミング、果ては機械語レベルまで、PC自身を動かすことまでもできるわけだ。

これは、ユーザーが自分の持ち物であるPCをその意思や知識に応じてなるべく見せて、コントロールさせ、場合によっては開発側にさえしてしまうという発想。主体的で、人間中心で、PCは支配される道具。

一方、スマホは違う。
iOSはあんまり知らないんだけど、少なくともAndoroidは、ファイルの実態的な格納場所さえろくに見せない。ファイルマネージャーの機能はオプション扱いな上、かなり貧弱。PCのExprolerのように、単一のソフトウェアでハード全体を見渡すことができなくて、音楽は音楽再生ソフトが保存データを探しに行く、画像は・・動画は・・・ってね。
開発に至ってはおよそ話にならない。スマホでスマホ上で動くものの開発なんてできないよね。

言ってしまえばスマホってのは、開発者が作ったものを使わせるだけのもの。消費のための道具。コンシューマーゲーム機。ユーザーが機械側の都合に合わせて動かされてるの。主体性がないんだ。

だからボクはスマホも使うけど、PCは必要だし大事だと思ってる。最初に触ったデジタルデバイスがPCで良かったと思う。


ところがね・・日本人って全然PC持たないんだよね。特に子どもが。
https___imgix-proxy_n8s_jp_content_pic_20180726_96958A9F889DE1E1E3E3E3EAE5E2E3EAE2E5E0E2E3EAE2E2E2E2E2E2-DSXZZO3313805019072018000000-PN1-1.jpg

これは恐ろしいことだと思う。
与えられたものを与えられたとおりに使うだけ、もっぱら消費するだけのツールしか大人になるまで使わないってことだよ。
これ、大人になって、仕事をすることになったらものすごく困ると思うんだ。


いや、困らない人もいるのか。

同じような制約の大きい、創作性のないデジタルデバイスしか使わない仕事もあることはある。
Uberでスマホで注文受けて食べ物運ぶ、飲食店で専用端末にオーダーを入力する、メーターの読み取り入力、荷物捌きや製造ラインで二次元コードの読み取り送信・・・。

スマホを扱っていればそうした専用端末や単機能PCなんかはすんなり扱えるだろうね。
でも、子どものころからデジタルデバイスに触れてきて、結果できるようになることがそんなもので良いのか?


一般的なホワイトカラーや、裁量や判断を伴う仕事では、こういうデバイスはあんまり使わない。主に使うのは・・というか、下手すると一日中向かい合ってるのは、PCなんだ。
汎用性があり、自分で考えたこと、伝えたいことを適切な形で作るという活動がどうしても必要で、そのために文書作成、表計算、プレゼンテーションなんかを作ることになる以上、それはもう必然的に。


デジタルネイティブなんてのが時に肯定的に使われるけどさ、その接してるデジタルデバイスで何も作り出せず、消費するだけの人間として育っただけだったら、結果自分も消費され使い潰される人間になっちゃうだけなんじゃないかな。

それがボクは怖いよ。
ま、時代に取り残された老人のボヤきかも知らんけど。


posted by かのぴ~ at 21:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月13日

最近のなろう系異世界モノに関するボクの感想

「異世界帰りのおっさんは父性スキルでファザコン娘達をトロトロに」



性欲と自己顕示欲だけは強い哀れなキモデブオヤジが妄想する都合の良いオナニーストーリー。

作者が気持ち良くなりたいという欲求だけがモチベーションで、その他のあらゆることが些事となっている。
そのため、舞台設定などはおざなりを通り越してもはやコピペですらない。

作者の単純な人間観をそのまま絵にかいたような(日本語的な意味の)「キャラクター」は、人とまともにコミュニケーションをし、関係性の構築や変化をおよそ経験したことがなく、妄想と願望を勝手に押し付ける対象として他者を値踏みするしかしてこなかったであろう作者の哀れな半生を伺わせる。


単純化されアイコン化された鉱物、素材加工、生物、物理現象。
当然の権利のごとく、最大限にその恩恵を受けていながら、かけらほども自然科学に対する尊重も関心もないことを晒して恥じない余りに厚顔無恥な作者の態度は、"サケの切り身が海で泳いでいる"と夢想する子どもを見たような脱力感を誘う。


どこまで人は軽薄で無責任で怠惰で厚顔無恥になれるのか、という晒しもののような作品。

これが受けるだろうと思って原作書いたヤツも、コレを面白いと言って読み続けたヤツも、これは売れると判断した出版社の担当者も、漫画化企画したヤツも、企画OKしたヤツもみんな頭おかしい。


「異世界でスローライフを(願望)」

性欲と自己顕示欲だけは強い哀れなキモデブオヤジが妄想する都合の良いオナニーストーリー。
以下同文。


「異世界迷宮でハーレムを」

性欲と自己顕示欲だけは強い哀れなキモデブオヤジが妄想する都合の良いオナニーストーリー。
以下同文。

「最強タンクの迷宮攻略 ~体力9999のレアスキル持ちタンク、勇者パーティーを追放される~」

性欲と自己顕示欲だけは強い哀れなキモデブオヤジが妄想する都合の良いオナニーストーリー。
以下同文。


・・・要するに全部一緒。

にほんブログ村 その他日記ブログ 社会不適合者日記へ
にほんブログ村
posted by かのぴ~ at 13:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする